オークウッドアパートメントトリリアントスクンビット18(現 マイトリアホテルスクンビット18)
2012年5月宿泊
オークウッド アパートメント トリリアント スクンビット18に3泊しました。スタジオスーペリアという部屋を予約し、料金は1泊・税・サ・朝食込みで約77ドル(約2,350バーツ)でした。

ロケーションはスクンビット・ソイ18を入って徒歩3分ほどの右手、目の前にはパークプラザ スクンビット18レンブラントホテルがあります。スクンビット通りまでは徒歩3分、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅は7-8分、ソイ・カウボーイは6-7分です。コンビニはソイ18の入口にファミリーマートがあります。

通された部屋は最上階の8階、ソイ18に面していない側(西向き)の部屋でしたが、近くには視界を遮るビルがなかったので良かったです。正面のガラス張りの建物ははソイ16のコラム バンコクですね。



部屋に入るとすぐにキッチン設備とバスルームとなります。キッチンには電子レンジ、コーヒーメーカー、トースター、ポット、鍋・フライパンなどの調理器具、皿・コップ類、ナイフ・フォーク・スプーンなどのカトラリー類とたいていのものは揃っており自炊も問題なくできます。





部屋は34平米と一人には十分な広さです。それほど高級感があるわけではないですが、まずまずこぎれいな部屋ですし、使い勝手も悪くないです。ただよく見ると細かいところで塗装が剥げていたり、傷・汚れが付いていたり、開業から2年数ヶ月とそれほど経過していないわりには痛みがちょこちょこあるように思います。









実は一番期待していたのがベッドだったのです。同じオークウッドで物件のオーナー自体も同じオークウッド レジンデンス スクンビット24に以前泊まった際、ベッドの寝心地がかなり良かったのですが、ここスクンビット18のベッド(マットレス)は結構硬め、寝心地は普通でちょっと期待外れでした。

バスルームはシャワーブースにハンドシャワーのみです。スタジオ・スーペリアでも一部の部屋にはバスタブがあり、チェックインの際に希望を聞いて頂いたのですが、バスタブ有りで空いているのはツインベッドになるということでしたので、バスタブなし・キングサイズのベッドを選びました。

お湯の量・温度、排水は全く問題なく、気持ちよく利用できました。でもタオル類は使い込まれて、ちょっとくたびれ気味のものも多かったかな。

トイレにはホース式(手動式)のウォシュレットは付いていませんでした。





朝食はブッフェ形式で品数が充実しているわけではないですが、かといって少ないということもなく、サービスアパートとしては合格点だと思います。正直言いますと、もっとメニューの数も少ないと思っていました。喫煙者は外のテラス席でタバコが吸えますし、外にも結構テーブル数がありました。

インターネット接続は室内に置いてあるLANケーブル(有線)でもWifi(無線)でも使用可能で無料でした。時間帯によってはちょっと遅いと感じることがありましたが、全体的には特にストレスもなく利用出来ました。

ただ何かセキュリティ上の制限があるのか、ウェブサイト2つともサーバへのデータ転送・アップロードが出来なかったです(FTPサーバへアクセスできない?)。これは私にとってかなり厳しいです。

スタッフはチェックイン・チェックアウト時くらいしか関わっていませんが感じは悪くなかったです。

今回特に不満もなく宿泊でき悪くなかったと思いますが、ウェブサイトへのアップロードが出来ないのが致命的で、私個人としては2度目はないです。それがなければ、料金によってはまた泊まっても良いかなというのが感想です。

このオークウッド・スクンビット18は結構安い料金が出ていることが多くて、もっと高くても良いのにと前から思っていましたが、思っていたほど高級感があるわけではなく、やはり料金相応かもしれません。

でも気取らずに使えて、居心地も良いし、決して悪いサービスアパートではないと思います。

すぐ近くに立地するレンブラントホテル、パークプラザ・ソイ18、オークウッド・スクンビット18の3軒全てに泊まりましたが、個人的な好みとしては・・・

オークウッド スクンビット18>パークプラザ スクンビット18レンブラントホテル
マイトリア ホテル スクンビット18 バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSアソーク駅周辺の地図とホテル
マイトリアホテル スクンビット18 2回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む