マンダリンホテル マネージド バイ センターポイント
2013年11月宿泊
マンダリンホテルマネージドバイセンターポイント(Mandarin Hotel Managed by Centre Point)に1泊しました。デラックスルームを予約、料金は1泊税・サ・朝食込みで約60ドル(約1,900バーツ)でした。

昨年の初めから改装の為、一時休館となっていましたが10月に再開したばかりです。以前は立地も余り良くない団体ツアー向けの古臭いホテルでしたが、すっかりきれいになりました。

ロケーションはラーマ4世通り沿い、MRTサムヤーン駅から徒歩3-4分です。ワット・フアランポーン脇の路地を通ってスリウォン通りに抜けると、パッポン通りが徒歩10分弱、タニヤ通りが10分強です。

ホテルの周りはあまり何もなくコンビニも見当たりませんでした。MRTサムヤン駅直結のショッピングモール「チャムチュリースクエア」に行けばレストランやスーパーマーケットはあります。





昼12時過ぎにチェックインしようとしたら、「チェックイン時間は14時です!そこのベルのところに荷物は預けられます」とにべもない対応。もう一度食い下がったら、「部屋の掃除が済んでいないから空いている部屋がない」と全く調べもせずに回答されました。

確かにルール上チェックイン時間は14時ですが、とてもサービス業とは思えない対応。今までもバンコクのホテルで、2-3回部屋が空いていない為、アーリーチェックイン出来なかったことはありますが、ちゃんとハウスキーピングに確認して、○○分後には大丈夫ですなどの回答があり、これが普通だと思うのですが。

結局は別のスタッフの計らいでチェックイン出来ました。部屋は禁煙・喫煙、ダブル・ツインベッドの選択が出来るくらい余裕で空いているようでした。

いきなり気分が良くない始まりになってしまいましたが部屋へ向かいます。

改装してオープンしたばかりなのでピカピカです。デラックスルームは広さが30平米と書いてありましたがそんなにあるようにはとても見えません。2日前まで泊まっていたホリディインの28平米より狭く感じます。



窓のロールスクリーンカーテンは電動で上下します。



おおっ、なかなか大きいベッド!と思ったら、シングル?クイーン?サイズのベッドを2台ひっつけていてシーツの下に継ぎ目が。



テレビチャンネルにはNHKワールドプレミアム(日本語放送)あり。





冷蔵庫は大きめ、電子レンジ、ケトルがおいてあります。



クローゼットにはセーフティボックスとスリッパ。バスローブはありません。

全体的には白を基調とした清潔な印象ですが、どこか硬質・金属質・無機質な印象を与える内装で個人的にはあまり好きではありません。以前泊まったグランデセンターポイントホテル・ターミナル21と同じような印象を受けます。

バスルームはシャワーブースのみでバスタブはありません(ごく一部の部屋にはバスタブがあるそうですが)。熱いお湯が出るまで多少時間が掛かったり、温度が不安定だったりしますが、それほど大きな問題ではありません。



洗面台周りが狭くて、物が置きにくい。



トイレ周りもせまい。



最近のセンターポイントの新規オープン・改装ではもれなく設置されているウォシュレットが、ここにも付いています。
(参考)バンコク ウォシュレットのあるホテル・サービスアパート



洗面台・トイレ周りは狭いのですが、シャワーブースだけ余裕の広さ。

シャワーブースにはレインシャワーとハンドシャワー。シャワー切り替えの基本がレインシャワーになっているのでハンドシャワー派の私としてはめんどくさい。



シャワージェル、シャンプー&コンディショナー、ボディローション。



歯ブラシ・歯磨き粉、シャワーキャップ、綿棒、石鹸。

朝食はM階(ロビー階)にあるレストランでビュッフェスタイルです。ちなみに一人でチェックインしましたが朝食のクーポンは2枚くれました。全400室近い大型ホテルなので朝食会場も広く、通路を隔てた向こう側も朝食会場があります。

センターポンイトのマネジメントですから、ビュッフェの内容もいかにもセンターポイントという肉・魚など味付けの濃い目のおかずとコメ・麺など炭水化物系が多い見慣れた内容です。お好みの卵料理・麺料理を作ってくれるエッグステーションやヌードルスタンドもあり。



大型ホテルの朝食会場はざわざわしていて、苦手です。この日は宿泊客なのか単に食事だけで入れているのか不明ですが、喪服を着たタイ人の団体がいました。



通路の向こう側にも。











プールはロビーの横にあります。人の目が気になって利用しずらい?





向こうに見えるのがロビーです。

インターネット接続はWifiで無料。アクセススピードはちょっと遅いですけど何とか使える感じ。

400室近い大型ホテルなので、部屋を予約で埋めるには改装前と同じように団体ツアーを受け入れ、MICE(会議、報奨旅行、展示会)などの需要を取り込む必要があると思います。葬儀?法事?に参列するのであろう喪服の団体、赤十字社の団体などを見かけました。

レセプション(フロント)のスタッフのほとんど(全員?)は、センターポイントかグランデセンターポイントの名札と制服を着用していたと思います。以前はセンターポイントと言えば、ホスピタリティーに溢れていて個人的にもファンでしたが、ここ2-3年は事務的・冷たい感じがして私の中ではあまり評価は高くないです。

改装して再オープンしたのでどんなものかと試しに今回泊まり、印象がどうあれ立地の関係で次に泊まることはないと最初から思っていました。

改装してハード面はきれいになったけどソフト面は所詮マンダリンホテルと認識し過度な期待をしなければ、1泊2,000バーツ以下ならコストパフォーマンスは良く、泊まるのは悪くないと思います。
マンダリン ホテル マネージド バイ センターポイントの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
MRTサムヤーン駅周辺の地図とホテル
他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む