Dヴァリー エクスプレス マッカサン バンコク
2016年6月宿泊
Dヴァリー エクスプレス ホテル マッカサン(D Varee Xpress Hotel Makkasan)に1泊しました。スタンダードルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ・朝食込で4,060円(約1,200バーツ)。

ここは開業して5-6年ですが、最初がFXホテル マッカサン、その次にホテルリンク マッカサンという名前だったと思います。近くの現FXホテル メトロリンク マッカサンも何度か変更しており、しかも似たようなホテル名なのでややこしい。

ロケーションはペッブリー通り沿い、MRTペッチャブリー駅から徒歩3-4分、エアポートレールリンクのマッカサン駅から8-9分です。周りには本当に何もなく、ホテルの1階にコンビニ(セブンイレブン)とカフェレストランが入っているくらい。

何もありませんが、MRT(地下鉄)でスクンビット駅(アソーク)まで1駅なのでそれほど不便でもないですし、エアポートレールリンクでスワンナプーム空港へ移動するには便利かと思い予約しました。





スタンダードルームは広さが18平米とのことですが、思ったほど狭くはないです。殺風景ですが全面窓の明るい部屋です。



ベッドのリネン類は清潔でした。





ワーキングデスクもそれなりの広さがあります。



冷蔵庫(中は何も入っていません)とセーフティボックス。冷蔵庫の上にヘアドライヤー、セーフティボックスの上に無料のドリンキングウォーター2本とケトル。



ACONATICという聞いたこともないブランドのテレビ。NHKワールドやNHKワールドプレミアムはありません。



クローゼットはなく、ハンガーが4つぶら下がっていました。

ここまで読むと安いけどそんな悪くないと思われるかもしれませんが、床は汚れている上に(材質的に目立ちやすい?)、表面が割れて剥がれていたり、様々な箇所で老朽化が目立ちます。一方でデスクやベッドなどの家具類はわりと新しい感じで比較的最近入れ替えたのでしょう。





窓枠のアルミサッシ。



バスルームはシャワーのみ、こちらも殺風景です。





トータルで3回シャワーを浴びましたが、お湯は問題なく出ました。



アメニティ類はコンディショニングシャンプーとボディウォッシュのみ、タオルもバスタオルだけでした。

インターネット接続はWifiで無料ですが、一時的につながらない時間帯もありました。繋がっている時のアクセススピードは特に不満はありません。またセーフティボックスにLANケーブルも入っていました。

朝食は1階に入っているカフェレストランの上のフロアで簡素なビュッフェスタイルです。







以上3枚の画像が料理の全てです。

料金が料金だけに立地以外で期待している点もないので特に不満はなかったです。汚れ・老朽化も不潔感・嫌悪感は感じませんでした(私の感覚が麻痺している?)。但しまた次に予約するかというとそれはないですね。

エアポートリンクのマッカサン駅まで徒歩圏内とはいえ、重いスーツケースを持って歩くにはちょっとしんどい距離。このホテルに泊まるくらいなら、エアポートリンク駅までの乗換のめんどくささはあってもナナ〜トンローあたりの駅近で同価格帯&もっと清潔なホテルを選ぶと思います。
Dヴァリー エクスプレス ホテル マッカサン バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
エアポートレールリンク(ARL)マッカサン駅周辺の地図とホテル
他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミを読む