コラムバンコク(旧コラム レジデンス)
2012年7月宿泊
コラム バンコク(Column Bangkok)に3泊しました。このサービスアパートに泊まるのは約2年半ぶり3回目です。

前回、お湯がほとんど出ないというのに気分を悪くして、もう泊まることはないと思っていたのですが、スタジオエグゼクティブという部屋が3連泊で1泊税・サ・朝食込み(但し3泊目は朝食なし)約67ドル/約2,100バーツというかなり安い料金が出ていたので、飛びついてしまいました。通常なら2千バーツ台後半から3千バーツくらいはします。

以前はスタジオタイプの部屋は景色・眺望や広さでいくつかに分かれていたと思いますが、全てスタジオ・エグゼクティブに統一したみたいですね。

ロケーションはスクンビット・ソイ16(このソイはスクンビット通りではなくラチャダーピセーク通りから分岐しています)、BTSアソーク駅やMRTスクンビット駅は徒歩6-7分と、近くもなく遠くもなく、微妙な距離です。ゴーゴーバーの並ぶソイ・カウボーイやショッピングモール「ターミナル21」は徒歩8分程度。隣に24時間営業のスーパー「フードランド」がありますので便利です。



廊下はこんな感じです。



このコラムバンコクは、各部屋のドアが廊下に直接面しておらず、廊下から上の画像のようにちょっと入ったところに2室ずつ入口があります。

今回通されたのは、以前はスタジオパークビューと言っていた部屋だと思います。広さは50平米と通常のスタジオエグゼクティブ(62平米)より狭いけど、ベンジャキティ公園の景色が見えるということで料金は多少高めに設定されていた部屋です。

現在は上記の通り、全部スタジオエグゼクティブに統一されていますが。62平米の部屋はちょっとガランとした印象は否めず、逆にこの50平米の方が落ち着き、居心地が良かったです。


本当はダブルベッド(キングサイズベッド)が良かったのですが、あいにく
チェックイン当日はツインベッドしか空きがないということなので・・・







西向きのベンジャキティ公園の見える部屋です。このコラム・バンコクのバルコニー(ベランダ)は鍵が掛かっていて、「何かあっても知りませんよ」という紙にサインしないと開けてくれません。全ての部屋にバルコニーが付いているのかと思いましたら、付いてない部屋もあるようですね。



ここのバルコニーは壁も透明ですので、ベッドで寝転びながら見る景色・眺望も良いです。



キッチンには電子レンジ、IHコンロ、ポットが置いてあります。また食器類、コップ・グラス、ナイフ・フォーク・スプーンなどのカトラリー類はありましたが、調理器具はなかったです。



バスルームはバスタブと独立したシャワーブース(レインシャワー+ハンドシャワー)に分かれています。お湯の温度・量、排水も問題なかったです。バスタブにお湯を貯めた場合、最後までお湯は結構な勢いで出ていましたが、バスタブが大きいのでそれなりに時間はかかります。バスタブのところにシャワーはありません。

尚、トイレにはホース式(手動式)のウォシュレットは付いています。









洗濯機と乾燥機も設置してあるので、便利ですね。
(参考)バンコク 全室に洗濯機があるホテル・サービスアパート

朝食は25階のレストラン「LONG TABLE(ロングテーブル)」にて、アメリカン、日本式、タイ料理数種類の中から一つ選び、パン・シリアル・ジュース・サラダ・フルーツ等はビュッフェ形式なのは以前と同じ。和食を選びましたが、なんちゃって日本料理店が作るような味でイマイチなのも以前と同じでした。

インターネット接続はWifi(無線)で無料です。アクセススピードもタイのホテル・サービスアパートとしては快適な部類だと思います。

今回27階とこのサービスアパートにしては低層階の部屋だったのですが、携帯電話の電波の入りはやはりあまり良くなく、何とか繋がりますが、音声がときれとぎれになったりします。

部屋は以前と比べると、フローリング・家具類のキズなど多少くたびれてきた感はありますが、今回はシャワーのお湯の出も完璧で、立地・設備などトータルで考えるとやっぱり悪くないサービスアパートだと改めて感じました。

2,000バーツ台後半ならまあまあこんなもの、2,000バーツ台半ば以下ならコストパフォーマンスとしては良い・お得だと思います。
コラムバンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSアソーク駅周辺の地図とホテル
コラム バンコク 2回目の宿泊記
コラム バンコク 1回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む