「本ページにはプロモーションが含まれています」


シャトー ドゥ バンコク
2014年7月宿泊
シャトー デ バンコク(Chateau de Bangkok)に2泊しました。スタジオジュニアという一番安い部屋を予約、1泊税・サ込・朝食なしで約930バーツ(約2,900円)と投げ売りのような激安料金でした。10数年前は、バンコクでも有数の高級サービスアパートと言われていたんですけどね。

ここに泊まるのはちょうど1年ぶりです。前回は下から2番目のカテゴリーのスーペリアスタジオという部屋でした。補注)現在はカテゴリー名が変更され、旧スタジオジュニア→スタジオスーペリア、旧スーペリアスタジオ→スタジオエグゼクティブになっているようです。

ロケーションはソイ・ルアムルディ、BTSプルンチット駅から徒歩5-6分、コンビニはセブンイレブンが2-3分、目の前にあるオールシーズンズプレイスには、スーパーマーケット「トップス」やレストランがいくつか入っています。通りにはルアムルディ・ビレッジをはじめ、小洒落たレストランが目につきます。

また5月にオープンしたショッピングモール「セントラルエンバシー」も徒歩圏内10分弱、夜遊びスポットのナナプラザが10分強など便利な立地。また10-22時の間はBTSプルンチット駅(ソイの入口)までトゥクトゥクで送ってくれるサービスがあります。





部屋に入りますと、予約したスタジオジュニア(33平米)ではなく、スーペリアスタジオ(46平米)っぽいです。チェックインの際、特にアップグレードしたとか言われなかったのですが・・・前回泊まったスーペリアスタジオと基本的に同じ間取り(微妙に違うところもありますが)、スタジオジュニアとは明らかに違うと思います。





ベッド(マットレス、リネン類)の寝心地はサービスアパートとしては良好な方だと思います。センターポイント系よりはかなり良い。



テレビチャンネルにはNHKワールドプレミアム(日本語放送)あり。





部屋に入ってすぐにあるウォークインクローゼット。セーフティボックス、バスローブ、スリッパが置いてあります。

狭いながらキッチンは独立したスペースになっています。但し、かなり古くて貧乏くさい感じ。





コンロ、電子レンジ、ポット、鍋・フライパン、食器・グラス・カトラリー類などフルに揃っており、自炊も可能。

バスルームにはバスタブ(+固定シャワー)あり、お湯の温度・量は問題ないのですが、もう一息って感じです。





スーペリアスタジオ以上の部屋(ジュニアスタジオ以外)にはジャグジー・ジェットバス機能付きです。
これでも十分広いのですが、前回泊まった部屋のバスタブの方がもっと広かった記憶があります。



アメニティー類はシャワージェル、シャンプー、ボディローション、石鹸、シャワーキャップ、ソーイングキット、バニティキット(綿棒・コットンパッド・爪ヤスリ)。ハブラシ・歯磨き粉、コンドームなどは有料。

朝食は付いていない予約で、別途払うと400バーツ(税・サ込かは不明)のようですが、前回食べた限り、正直イマイチな感じのビュッフェでしたので、食べませんでした。

インターネット接続はWifi(無線)で無料です。アクセススピードという点でも、わりと快適に利用できましたが、利用者が多いと思われる夜間はちょっと遅いことも。

プールとフィットネス(ジム)は12階にあります。







プールの奥にあるジャクジー。





部屋に洗濯機はないですが、3階にランドリールーム(コインランドリー)あり。洗濯機・乾燥機、各々2台あり、料金はどちらも70バーツです。洗濯機の1台はかなり古い機械で汚れており、使うのはちょっと遠慮したい感じでしたが。





(参考)バンコク コインランドリーのあるホテル・サービスアパート

ベッドルーム自体は改装から余り経過していないのか、それほど老朽化を感じませんが、それ以外のキッチン、ウォークインクローゼット、バスルームはさすがにちょっと古さを感じます。全面改装すればかなり高い料金を取れると思いますが、現状では安売りするしかないですかね。

積極的に泊まりたいと思うサービスアパートではないですが、それほど大きな問題点もないし(個人的には結構居心地が良い)、時々かなりの激安プロモーション価格が出るので、それを狙うのが良いかもしれません。
シャトー ドゥ バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSプルンチット駅周辺の地図とホテル
シャトー デ バンコク 1回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む