アデルフィー グランデ
2012年9月宿泊
アデルフィグランデ(Adelphi Grande)に2泊しました。一番安いスーペリアスタジオという部屋を予約、料金は1泊税・サ込・朝食なし約70ドル(約2,200バーツ)でしたが、チェックインの際デラックススタジオにアップグレードして頂きました。

ロケーションはスクンビット通りからソイ41を入って徒歩3分、BTSプロンポン駅までは約6分です。ソイ41の入口にスーパーマーケットのトップス(営業時間8:00-23:00)がありますが、コンビニは近くになく、最寄でもソイ39の入口にあるセブンイレブンで徒歩5分ほどかかります。

ソイ41は立派なお屋敷がいくつかあり、緑豊かで高級住宅街っぽい?バンコクではあまり見ない様な雰囲気です。また、先は行き止まりなので、車の往来も少ない静かな通りです。



デラックススタジオの広さは40平米ですので、わりとゆったりしています。部屋の真ん中あたりに建物の柱のようなものがあり、ちょっと変わった形状になっていました(部屋全体としては長方形なのですが)。18階の南西の角部屋で、窓も2方向にあるので、明るかったです。









ちょっと奥まったようなところがリビングスペースになっており、2人掛けの小さめのソファとテレビがありました。テレビの向きを変えたとしても、ベッドからはかなり遠く、見るのは難しいです(私はタイではほとんどテレビを見ないので、どうでも良いですが)。

キッチンには電子レンジ、ポット、コンロ(IHクッキングヒーター)、それに洗濯機が設置してあります。このアデルフィグランデには全室洗濯機があるというのが決め手で予約しました。
(参考)バンコク 全室に洗濯機があるホテル・サービスアパート

食器、カップ・グラス、フォーク・ナイフなどは置いてありましたが、フライパン・鍋等の調理器具はなかったです。またサービスアパートには珍しく、冷蔵庫の中にビール・ジュース・おつまみなどのミニバーがありました。ですので、自分で買ってきたものを入れるスペースが少ないです。



バスルームはバスタブあり(ハンドシャワー)、独立したシャワーブースなしです。お湯の温度や湯量は問題ありませんでしたが、ガラスの仕切りがないところから水が外(洗面台)の方へ飛び散ります。

トイレにはホース式(手動式)のウォシュレットがついています。水を溜めるタンクが小さいのか、用を足した後に流すと、水の量がちょっと頼りない感じがしました。エコに気を使って節約しているのかな?



バスタブはあまり大きくありません(幅が狭いです)。



上の方に明かり取りの窓があり、明るいバスルームでした。



バスジェル(ボディソープ)、シャンプー、石鹸、シャワーキャップ、綿棒、サニタリーバッグと最低限のアメニティーです。

朝食は付いていなかったので、1日だけ別途払って食べてみました。料金は350バーツ+VAT7%+サービス料10%=412バーツです。

ビュッフェスタイルですが、サービスアパートなのでそれほど料理の品数が多くはなく、同じサービスアパートのセンターポイントに比べても少ないです。のり巻とか味噌汁漬物など、日本人を意識したメニューもありました。味は普通においしく頂きましたが、特別な感想はありません。

インターネット接続は無線Wifiで無料です。アクセススピードは酷いというほどではないですが、ちょっと遅いと感じました。また途中からWifiでネットが出来なくなったので、LANケーブルを持ってきてもらい、以降は有線で接続しました。

他に気付いた点としては、そこそこのサービスアパートなら、たいてい部屋に常備してあるアイロン&アイロン台がなかったです。また、アデルフィグランデがオープンしたのは3年半ほど前ですが、元々あったアパートを改装したもので、建物の構造自体はそれほど新しくないのか、エレベーターがちょっと遅いですね。

立地・部屋・設備・料金など、どれも特別なところがあるわけではないのですが、逆に大きな欠点もなくバランスのとれた、誰にもある程度満足・評価してもらえそうなサービスアパートです。
アデルフィーグランデの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSプロンポン駅周辺の地図とホテル
他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む