ホテルセントラル クアラルンプール 旅行記・口コミ・評判

<本ページにはプロモーションが含まれています>  

KLではホテルセントラル(Hotel Sentral Kuala Lumpur)に宿泊。

スーペリアルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで3,911円(約RM148)。夜チェックインして、早朝チェックアウトするので、空港への交通の便が良いKLセントラル駅周辺で安いホテルという条件で探しました。

一番安いエクスプレスルームは窓なしということなので却下、次のスタンダードルームは予約サイトに出ておらず、その次のスーペリアにしたわけですが、KLへのフライトが大幅に遅れ、チェックイン出来たのは22時過ぎ、朝5時半にはチェックアウトという真っ暗な時間帯だったので、窓の有無は関係なかったかも。

ロケーションはモノレールのKLセントラル裏にあるタンビピライ通り、KLセントラル駅は徒歩5分、モノレール駅は1分です。コンビニも徒歩1分、ショッピングモール「NU SENTRAL」が2~3分であります。

このあたりはインド人街(リトルインディア)なので、インド料理のレストランも目立ちます。他にブラインドマッサージ(盲人按摩)の店も多く、また以前は置屋(売春宿)もいくつかあったのですが、今回は壊滅?していました。

通りには中小規模の安ホテルが多いのですが、ホテルセントラルは15階建て・全232室と規模的にはダントツに大きいです。

部屋は1005号室でした。広さは18平米と広くはないですが、極端に狭いと言うこともなく。

多少の古さは否めませんが、カーペットもわりときれいで躊躇なく裸足で歩けます。ただ全体的にライトは薄暗く、殺風景な内装で、若干わびしさを感じます。

ベッドのマットレスやリネン類は、やはり安物かなって印象は否めませんが、寝るのに問題はなかったです。

テレビチャンネルにNHKはなし。海外のホテルだと、たいてい数え切れないくらいチャンネル数があるのですが、マレーシアってどこも少なめな気がします。

ライティングデスクのところにヘアドライヤーあり。

室内に3ヶ所の電源コンセントがありましたが、デスク前のみユニバーサルタイプなので、変換プラグなしで日本のAタイプもそのまま使えました。他の2ヶ所はマレーシアのBFタイプ。

インターネット接続はWifiで無料なのですが、かなり不安定で結構ストレスでした。

セーフティボックス、冷蔵庫、電気ポットに無料のインスタントコーヒー、ドリンキングウォーター。

クローゼットには扉はなく、中はハンガーのみ。バスローブやスリッパというものはありません。

まあ清潔感は許容範囲かなと思っていたら・・・

見なかったことにしましょう。

バスルームも狭めです。

バスタブなどあるはずなく、シャワーのみ。固定シャワーは苦手なのですが、お湯の温度・水圧は問題なかったです。

アメニティー類はコンディショニングシャンプー、シャワージェル、石鹸、シャワーキャップ、サニタリーバッグ。タオル類はバスタオルのみでした。

他の部屋でシャワーを浴びていると、水道管を水が通る音?が結構聞こえてきました。

会議室・宴会場(ボールルーム)はあるようですが、プールやフィットネスジムといった館内設備はなし。

立地と料金の安さ優先で予約、これといって期待もしていなかったので、特に不満はありません。せいぜい7~8時間の滞在でしたし。

ただ同じ通りで以前泊まったメトロホテル@KLセントラルの方が新しい分、清潔感では上だと思いました。

ホテルセントラルの客室タイプ・料金を調べる

クアラルンプール その他のホテル・サービスアパート宿泊記

KLセントラル駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

This entry was posted in ホテル マレーシア, マレーシア and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)