寿し処 こいし 雲州平田の廻らない回転すし

<本ページにはプロモーションが含まれています>  

島根県立宍道湖自然館ゴビウスを見学後また一畑電車に乗り、次は雲州平田駅で下車しました。木綿街道に残る古い町並みを散策しようとやって来たのですが、先ずはランチにします。

駅からも木綿街道からも少し離れているのですが、グーグルマップで事前に目を付けてた「寿し処 こいし」へやって来ました。

回転レーン(コンベア)があり元々は回転寿司店みたいですが、お寿司は流れておらず、注文が入ってからご主人が握ってくれます。ご主人と奥様?の二人で運営されているのかな。時間帯によっては行列も出来る人気店のようですが、平日のランチタイム前、11:30頃だったのでガラガラでした。

お寿司は一部高いネタもありますが、一皿2貫で130円/200円/250円が中心価格帯と良心的です。せっかくなので地物が中心の本日のおすすめメニューから選びましょう。よく見たら翌日26日と翌々日27日は連休しますと書いてあります。ギリギリセーフでしたね。

注文は紙に書いて手渡しします。醤油は地元の甘めのものみたいで、普通の醬油もありますのでそちらがよければ言ってくださいと。私は甘めのもので頂きます。

横縞さわら(大社産)のあぶり。

焼穴子(大田産)。穴子と言えば私の地元・姫路や広島など瀬戸内海というイメージですが、大田や浜田をはじめ島根県も穴子漁が盛んで漁獲高は日本一らしいです。2日前に松江で食べた穴子天重もおいしかったなあ。あまり知られていない様に思うのですが、島根に来れば穴子はマストイートです。

カワハギ。

ヒラマサ。

アジ(大社産)。

トビウオ。もちもちした食感ですが、味は薄いかな。とびうおと言えばあご出汁、刺身より焼いて乾燥させると味が出るのでしょうか。ちなみにとびうおは島根県の県魚だそうです。

本マグロの中トロ(境港産)。このネタで400円なら安いですよね。口に入れようとしたところで画像撮影していないことに気付いたので、一貫は醤油が付いています。

カキフライは4個で400円。小ぶりでしたが揚げたてで熱々だし、牡蠣の味も濃くておいしかった。

寿し7皿+カキフライでお会計は2,130円とお財布にもやさしい。QRコード決済も利用可能でしたので、楽天ペイで支払いました。

見栄えがする内装ではないですが、新鮮なおいしい地魚を実直に提供されているお店という印象でした。お値段以上の価値ありと思います。なんと55円という自家製黒みその味噌汁(あら・しじみ・油揚げのいずれか)を注文するのを忘れたのが悔やまれる。

お店の場所は一畑鉄道・雲州平田駅から国道431号線沿いに北東方向へ徒歩12~3分。

雲州平田駅周辺の地図とホテル

出雲 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

出雲 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

出雲 大浴場付きのビジネスホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 タグ: , パーマリンク