ぐるっと松江堀川めぐり 松江城の堀をボートで巡る

<本ページにはプロモーションが含まれています>  

松江市街に戻ってきて松江城を見学するのですが、その前に松江の城下町にある堀を巡る「ぐるっと松江堀川めぐり(堀川遊覧船)」に参加します。

遊覧コースを一周する1日乗船券の料金は大人1,600円。私が利用した時は1,500円でしたが、10月1日から値上げされたようです。料金が1,500円→1,300円と200円安くなっていた(おそらく団体扱い)のとポイント消化も兼ねて、私はじゃらんで予約しました。

大手前広場、ふれあい広場、カラコロ広場の3ヶ所に乗船場があって、一日乗船券であればどこからでも何度でも乗れるのですが、遊覧コースのスタート/ゴールは大手前広場乗船場又はふれあい広場となります。どちらからスタートしても一回りするので、周る順番は異なりますがコース自体は同じです。

私は大手前広場乗船場でチケットに引換、乗船しました。

船は茣蓙敷きになっているので、後方で靴を脱いで上がります。先頭に陣取りました。張り切って先頭に来たわけではなく、名前を呼ばれた順番に乗り込んだだけです。

出発前に低い橋の下を通る時の練習をします。屋根が下がって来るので、床に伏せる必要があるのです。ちょっと頭下げればいいんでしょ?程度に軽く考えていたのですが、結構しっかり体を屈めないといけません。

出航しました。

先頭だと思っていたら、すぐに方向転換して最後方になりました。

松江城の石垣は向こう側で撮影しにくいなあ・・・最後に戻ってくる時は石垣側になるので心配ないのですが。

武家屋敷が並ぶ塩見縄手のあたり。

サギや鴨など水鳥が結構います。これはシラサギかな。

橋が出てきましたが、ここは屋根を下げなくてもOKのようです。

こちらはアオサギ。

松江城の西側は自然豊か、ジャングルクルーズみたいな雰囲気で気持ちいい。

ついに屋根を下げる時がやって来ました。

橋の下を通過中。炎天下ですので、空気がこもって暑い。

航路上には全部で17の橋がありますが、屋根が下がって体をかがめなければいけないのは4ヶ所です。

薄紫色の花がしばらく続くゾーンが出てきました。画像検索したところ、アガパンサスという花ではないかと思います。

クルーズも終盤、松江城を撮影するならここ!と書いてあったエリアにやってきました。最後方なので、船の屋根と前のおじさんの頭がどうしても入ってしまいます。

最後の直線、スタート/ゴール地点の大手前広場乗船場までもう少し。行きと違って石垣がばっちり撮影出来ます。

今回乗った船。乗客は私を含めて10名でした。定員は10~12名となっています。

ぐるっと周って所要時間は50分。丁度良い長さで飽きることもなく、また船頭さんの説明もあり充分楽しめました。お城の堀というと濁った水で、特に夏なので臭ってきそうなんて危惧していたのですが、松江城の場合、川で中海や宍道湖とつながっているせいか、それほど水は汚くなかったです。

松江城周辺の地図とホテル

松江 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

松江・玉造温泉 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

玉造温泉・松江しんじ湖温泉 露天風呂付客室があるホテル・旅館

This entry was posted in 城郭 日本, 日本, 船・フェリー・ボート 日本 and tagged , , . Bookmark the permalink.