ゆとりーとライン バス?鉄道?名古屋の不思議な交通機関

<本ページにはプロモーションが含まれています>  

地下鉄で大曽根駅までやって来ました。ここは名古屋市営地下鉄名城線の他、JR東海・中央本線、名鉄瀬戸線も通っている交通の要所なんですね。ちなみに「おおそね」ではなく「おおぞね」と読みます。

そして大曽根駅でもう一つ通っている路線が「ゆとりーとライン」です。

一見すると普通のバスに見えますが・・・

ガイドウェイバスと言って、バスの下部横からローラーのような案内輪が出てきて、バスの車幅より少し広いガイドレールを備えた高架の専用軌道を走行するというもの。バスのステアリング操作(ハンドル操作)が不要で、半自動運転をします。

ゆとりーとラインは、大曽根~小幡緑地間はガイドウェイバス、その先は一般道を走る路線バスとなります。名古屋市交通局のバス一日乗車券、バス・地下鉄全線一日乗車券で利用出来るのは、小幡緑地より先の平面走行区間(一般道区間)のみです。

車内も路線バスそのもの。運賃支払いにはPASMO、Suica、ICOCAなどの交通系ICカードも利用可能です。

高架の専用軌道区間は鉄道という扱いになり、乗降客がいなくても「駅」では停車しないといけないようです。

小幡緑地駅を過ぎると高架を下って行きます。

ゲートを抜けると・・・

一般道に出ます。当然、普通のバスのようにステアリング操作(ハンドル操作)も必要です。

一般道の平面走行区間は普通の路線バスになります。

駅ではなくバス停(停留所)です。乗降客がいないと止まりません。

帰りの大曽根駅に入って行くところ。

一般道の専用車線を走るBRT(バス高速輸送システム、Bus Rapid Transit)であれば、バンコクやジャカルタで乗ったことはありますが、ガイドウェイバスというシステムは初めてです。

ゆとりーとライン自体が目的で来たわけではないのですが、ガイドウェイバスというものが日本ではここにしかない唯一のものなので、良い経験になりました。但し、将来的にはガイドウェイバスは廃止し、完全自動運転バスを導入する方針のようです。

大曽根駅周辺の地図とホテル

栄・錦・久屋大通 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

This entry was posted in バス 日本, 日本, 鉄道 日本 and tagged , , . Bookmark the permalink.