好古園 姫路城西御屋敷跡庭園

姫路城へ向かう前に隣接する好古園にも寄ってみます。

好古園は姫路藩主・本多忠政が造営した西御屋敷や武家屋敷があった場所に、平成元年(1989年)の姫路市市制100周年を記念して作られ、平成4年に開園した日本庭園。姫路城は子供の頃に何度か行きましたが、好古園は当時まだなかったので今回が初めてです。

好古園の名前は、江戸時代にあった姫路藩の藩校「好古堂」が由来となっています。

好古園のみの入場料は310円ですが、姫路城との共通券なら1,050円。姫路城の入城料が1,000円ですので、どちらも行かれる方は共通券を購入されるのがお得です。

玄関を入ってまっすぐ歩いて行くとまず現れるのが屋敷門。梅がきれいに咲いています。

屋敷門を入ってすぐに見えてくるのがレストラン活水軒。

活水軒から潮音斎へは渡り廊下で結ばれており、お屋敷の庭が眺められるようになっています。好古園は西御屋敷や武家屋敷、通路跡等のかつての地割を活かして、9つの庭園で構成されており、こちらは最初に出てきて最大の面積がある「御屋敷の庭」。

潮音斎に到着。

この日は3月6日、開花の時期を迎えた梅の盆栽が各所に展示されていました。

潮音斎の観庭台からの雄滝と大池。

続いては「苗の庭」。苗床で江戸時代に栽培された植物を中心に育成されています。

この時期は梅が一番目立っていました。

双樹庵という茶室のある「茶の庭」の入口。双樹庵も見学出来たのですが、面倒臭くて入りませんでした。

「流れの平庭」

紅梅ですね。

流れの平庭からは夏木の庭、松の庭、花の庭と繋がっています。

3月の初めなので、咲いている花はそれほど多くないのですが・・・

この紫色の花はアヤメ、菖蒲、カキツバタの類だと思うのですが、名前が分からなかったのでグーグルの画像検索などを駆使した結果、おそらくカンザキアヤメでは?

山茶花(さざんか)。

寒椿(カンツバキ)。山茶花と椿は似ていて、素人にはなかなか判別が難しいですよね。

最後のエリアは「築山池泉の庭」と「竹の庭」。

冬の花の代表格、スイセン。

きれいに整備された庭園や花を目にして、清々しい気分です。3月初めなので決して花盛りとは言えない時期でしたが、四季を通じ何らかの花が楽しめると思います。どの時期に何の花が咲いているかは、下記の好古園・四季の花暦を参照してください。

四季の花暦 – 姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

また武家屋敷を彷彿させる土壁や白壁、築地壁などが再現されていることから、暴れん坊将軍、水戸黄門、大岡越前、るろうに剣心など国内外の映画・テレビドラマのロケも行われているようです。

敷地は広すぎず狭すぎず丁度良いくらい。所要時間は1時間みておけば充分ではないかと思います。私の見学時間は約40分でした。

好古園周辺の地図とホテル

姫路 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

姫路・たつの・赤穂 プールがあるホテル・旅館

カテゴリー: 日本 タグ: , , , パーマリンク

好古園 姫路城西御屋敷跡庭園 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 姫路城 再発見 桜門橋・大手門・旧西大柱 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。