博多らーめん ShinShin KITTE博多店

長崎から博多に到着、途中で駅弁を食べたのでお腹はふくれているのですが、ホテルへ向かう前に夕食にします。博多ラーメンが食べたいんですよ。

長崎へ行く前にも博多で3泊したのですが、台風接近による臨時休業もあって博多ラーメンを食べる機会がありませんでした。

ホテルにチェックイン後にまた外出するのは面倒臭いので、博多駅周辺か中洲のホテル周辺で食べようと思います。

ホテルの近くにある一蘭総本店と迷ったのですが、博多駅隣接のショッピングモール「KITTE博多」に支店があるShin Shinにしました。一蘭は香港を含めて他でも食べたことがありますので。

Shin Shinは数ある博多ラーメン店の中でもトップクラスの人気を誇る有名店で、特にラーメン好きではない私でも知っています。

一人なのでカウンター席に案内されましたが、前の壁が高いのでカウンター内の店員からの視線を感じることもなく、自分の世界に没入出来ます。

コロナ禍なので隣の席との仕切り板もあり、またオリジナルのマスクホルダーなんてものがありました。

一番人気らしい、煮玉子入りらーめん(790円)を注文。注文時に麺の硬さを聞かれるのですが、早口でたくさんの選択肢を挙げられ、あわてて「硬め」と言ってしまいました。本当はバリカタにしようと思っていたのに・・・

テーブルにはぎょうざのたれ、らーめんのたれ、こしょう、ゴマ、すりおろしにんにく、紅生姜、ラー油などたくさん調味料が置いてあります。

注文した煮玉子入りらーめん、すぐに出てきました。

博多ラーメンでは定番のストレートの細麺ですが、その中でもShinshinは更に細い激細麺です。

スープに豚骨臭・獣臭はほとんど感じません。かといって物足りなさもなく。HPによると豚骨以外に鶏ガラや香味野菜も使用しているようです。

日頃薄味の食事をしているので、私には少し塩分多めに感じられました(この店がというより、ラーメン全般に言えることですが)。

途中で紅ショウガだけ投入してみます。

強烈な個性があるのではなく、バランスの取れた万人受けするラーメンではないでしょうか。普通においしかったですが、特別な印象はないかな。

取りあえず博多ラーメンが食べられたのは良かったです。福岡では他に焼きラーメンも食べたかったのですが、また次の機会に取って置きましょう。

お店の場所は、博多駅(博多口)隣接の商業施設「KITTE博多」のB1階。

博多駅周辺の地図とホテル

博多駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

カテゴリー: 日本 タグ: , パーマリンク