クワイジャップ ウワン ポーチャナー ミシュランガイドも認めた味 バンコク・チャイナタウン

 

引き続き夕食もバンコクの中華街で行きそびれて

いたお店に行く予定です。

 

今まで何度か店の前を通ったことはあるのですが、

いつも混んでいて諦めていたのです。

 

今回はチャイナタウンのホテルに泊まっていて

何度でも出直し可能なので、是非ともこの機会に

食べてみたいと思います。

 

今回も何度か前を通ったものの、混んでいたので

スルーしました。夜中3時まで営業しているので、

まだまだ時間はあるから大丈夫でしょう。

 

そして何度目かのチャレンジ、21時過ぎに行くと

何とか座れました。

 

クワイチャップ ウワン ポーチャナーというお店です。

 

ミシュランガイド・タイ版で2018年から3年連続

ビブグルマンとして掲載されていて、そのシールが

誇らしげに貼られています。

 

ビブグルマン(bib gourmand)とは星付きではない

けれども、コストパフォーマンスの高い食事を提供する

レストランとされています。

 

メニューは基本クワイジャップのみ。

 

タマダー(普通盛り) 50バーツ

ピセート(大盛り) 100バーツ

カイ(卵) 10バーツ

パートンコー(油條) 10バーツ

 

固定店舗はなく、18時から歩道にテーブルを並べて

営業する屋台です。

 

映画館の前に出るので、クワイチャップ ウワンと

いう正式名称ではなく、クワイチャップ ローン ナン

と呼ばれることもあります(ローンナンはタイ語で

映画館の意味)。

 

注文したクワイチャップの小(普通)サイズ、

料金は50バーツ(約180円)。

 

クワイチャップは中国語で粿汁と書き、元々は

潮仙地区(広東省潮州・汕頭地区)発祥の料理と

されています。

 

タイの華人は潮州人が過半を占めており、従って

タイでもクワイチャップを目にすることは多いです。

 

クワイジャップのスープには、色が薄い・透明な

ナムサイと豚の血などを使った色の濃いナムコンの

2種類がありますが、こちらの店はナムサイのみ。

 

スープを一口飲んでみると・・・

 

やさしい薄味のスープって見た目ですが、胡椒が

効いていてかなり刺激的です。癖になりそう。

 

近くにあるクワイジャップ ナーイ レック

クワイジャップ ナーイ エックでも食べたことが

ありますが、ここのスープが一番胡椒が効いて

いるような気がします。

 

すぐに汗ダラダラ、鼻水ズルズルになります。

 

具のムー クロープ(豚肉のカリカリ焼)やモツも

かなり旨い。単品でも食べたいくらいです。

 

クワイチャップはこんなクルクル巻いた米粉麺です。

 

いや~、美味かった。

 

小サイズですとボリューム的に少ないですが、

この時の私にはちょうど良い量でした。

 

お店の場所はヤワラート通り沿いでヤワパニット

通りとの角近く、チャイナタウン ラーマーという

怪しげな映画館前に出ます。

 

バンコク・チャイナタウン周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク