シュエダゴンパゴダ ヤンゴン最大の観光名所

 

ヤンゴンでの実質的な最終日。

午前中にシュエダゴンパゴダへ行こうと思います。

 

ちょっと面倒臭く感じていたのですが、ヤンゴンに

来てシュエダゴンパゴダを見ずして帰るのは、やはり

後悔しそうですしね。

 

入場は裸足にならないといけないので、地面が暑く

なる前、朝早めに行くことにしました。

 

ホテルの部屋から朝見えた、ライトアップされた

シュエダゴンパゴダ。

 

少し距離はあるけど歩いて行こうと思っていましたが、

グーグルマップで調べると40分以上掛かりそうなので、

諦めてタクシーで。

 

タクシーの運転手は一番近い西門で降ろしたそうでしたが、

なんとなく正門っぽい南門へ行ってもらいました。

 

東西南北どの入口もそうですが、巨大な獅子の像が

鎮座しております。

 

屋根付きの参道のようなところを歩いて行きます。

 

脇には土産物屋などがずっと続いています。

 

 

6~7分歩くと境内の入口に到着。外国人は入場料

10,000チャット(約750円)を支払い、シールを貼って

貰います。ミャンマー人は無料らしいです。

 

境内に入りました。

 

シュエダゴンパゴダと言えば、この黄金の大仏塔

ですよね。

 

 

敷地内には大小無数の礼拝堂・仏塔・祠があります。

 

 

こちらの礼拝堂はブッダの歯(仏歯)を祀っている

ようです。

 

レプリカってちゃんと書いてありますけどね。

 

レプリカと言えどどんなものか見たかったのですが、

こんな祈っている人がいる中、近付いて画像撮影なんて

出来ないですよね。

 

このスフィンクスみたいな半分人間、半分ライオンの像、

タイの仏教寺院でも結構目にします(もっと小さいですが)。

 

ミャンマーではマヌッシハと言うみたいです。

 

タイ語でもマヌッ(ト)=人間、シン(シンハー)は

ライオン・獅子という意味です。

 

仏教関連の言葉は古代インド語のパーリー語から来て

いるので、共通しているのでしょう。

 

仏像に水を掛けている人がいると思ったら、英語で

サーズデーコーナーと書かれています。

 

ミャンマーもタイと同じように生まれ曜日毎に守護仏が

あるんでしたね。

 

私の誕生日の火曜日コーナーへ。

 

 

タイやラオスでもよく目にするナーン トラニー

(メー トラニー)さんです。

 

読経する僧侶を撮影する西洋人を更に撮影する私。

 

数多くの礼拝堂がありますので、様々な仏像も安置

されています。

 

 

この髭面で上半身裸の神様はどなたでしょう?

イスラム教っぽい雰囲気もあります。

 

 

蛇神ナーガと獅子の合体?

下半身は獅子の一種と言われ、タイ北部でよく見る

モーム(トゥア モーム)にも似ています。

 

ガルーダ(迦楼羅天)。

 

無数の小さな仏塔・祠があるのですが、番号らしき

ものが振ってあるんですよね。

 

 

寄進して自らの祈りの場を借りるのでしょうか?

 

薄いピンク色の仏像。

 

UMGミャンマーカンパニーという会社が奉納したのかな?

 

こちらの僧侶ご一行はタイ人のようでした。

ミャンマー人が一番多いのは当然ですが、タイ人

観光客も多く、タイ語が結構聞こえてきます。

 

インド・ブッダガヤのマハーボディ寺院風の仏塔。

 

釈迦の一生?

 

電飾の後光がいかにもミャンマーって感じです。

電飾後光はベトナムも多いですが。

 

私がイメージする、いかにミャンマーという

ばっちりメイク風の仏像。

 

所々にウォーターサーバーが設置されています。

 

 

菩提樹でしょうか。

 

こちらの鬼のような神様、結構人気でした。

 

このタバコとバナナを捧げるのはこの神様特有

なのか、神仏へのお供え物としてミャンマーでは

一般的なのかは不明。

 

 

黄金の大仏塔と椰子の木。

 

もう一周以上しているけど、どうしよう。

 

見学時間は1時間ちょっと。

真剣に見ていたら、丸1日でも足りなさそうだけど・・・

 

と思っていたら、お腹がグルグルっと鳴り始め、

トイレに行きたくなったのでホテルに帰ることに

します。

 

近くにあった北門のエスカレーターから降りようと

思ったら、結構な行列なので諦めました。

 

後から地図を見たら、東西南北、全ての方向に

エレベーターがあるようです。

 

今回は予習が足りなかったので、広い境内を漠然と

見学しただけになってしまいました。

 

自分なりのテーマを持って回ってみれば、もう少し

興味深いものになったかもしれません。

 

シュエダゴンパゴダ周辺の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー タグ: , , パーマリンク

1 Response to シュエダゴンパゴダ ヤンゴン最大の観光名所

  1. ピンバック: ロイサムシップで昼食 ヤンゴンのシャン料理レストラン | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。