ホテル サンチャウン ヤンゴン 旅行記・口コミ・評判

 

ヤンゴン2日目はホテルサンチャウン(Hotel Sanchaung)

に宿泊しました。

 

スタンダード ダブルルームという部屋を予約、料金は

1泊税・サ・朝食込みで4,005円(約37USドル)。

 

ロケーションはヤンゴン西部のサンチャウン郡区の

バホ(Baho)通りに面しています。

 

シュエダゴンパゴダや国立博物館は比較的近いですが、

歩くとなると30分近く掛かり、周辺に観光スポットと

呼べるものは特にありません。

 

サンチャウン通りをはじめとして、レストラン・

食堂、カフェ、バーなどはたくさんありますので、

観光客より在住者向けのエリアかもしれません。

 

2019年10月に開業したばかりの新しいホテル。

11階建てで思っていたより立派な建物です。

 

部屋は最上階の1102号室。

おそらく予約したスタンダードではなく、

デラックスルームにアップグレードされたのだと

思われます。

 

このフロアだけなのかもしれませんが、廊下の

絨毯はふかふかで、スーツケースのキャスターが

回り難いくらいでした。

 

オープンしたばかりで、新しくてきれい、窓が

大きくて明るい部屋です。安っぽさは全くなく、

料金から想像するよりかなり上質な印象を受けます。

 

ベッドの寝心地もなかなか良いです。

 

テレビに日本語のチャンネルはないですが、

NHKワールド(英語放送)はありました。

 

この最上階だけだと思いますが、天井がかなり

高いです。

 

夜明け前、部屋からはライトアップされた

幻想的なシュエダゴンパゴダが見えました。

 

一人掛けのソファ。

 

ライティングデスクは広くていいのですが、

電源コンセントにプラグを差し込むのが異常に

固かったです(ベッド周りの電源も同様)。

新しいせいでしょうか?

 

wifiはパスワードを2枚くれました。

1パスワード1端末なのでしょう。

 

ヤンゴンにしては比較的安定していましたが、

全く繋がらない時間帯もありました。

 

冷蔵庫、ポット(ケトル)、無料の水2本、

インスタントコーヒーなど。

 

ラゲッジラックにヘアドライヤーが置いてあります。

>

 

クローゼットにセーフティボックスとバスローブ。

 

下にスリッパ代わりのビーチサンダル。

 

バスルームも新しく清潔で、気分良く使えます。

 

トイレには東南アジア、南アジアなどでお馴染みの

ホース式(ハンド式)のウォシュレット付き。

 

シャワーはレインシャワーとハンドシャワーが

ありますが、お湯の勢いが多少弱かったです。

 

アメニティグッズはシャワージェル、シャンプー、

ソープ、髭剃りセット、歯ブラシ・歯磨き粉、

くし、コットンパッド・綿棒・爪やすり、シャワー

キャップとこのクラスのホテルとしては充実。

 

タオル類もバスタオル、フェイスタオル、ハンド

タオルと3サイズ置いてありました。

 

朝食はM階のレストランでビュッフェスタイル

だったのですが・・・

 

部屋からは想像出来ないほど、朝食会場は天井が

低く殺風景で、その落差に驚きました。

 

会場の雰囲気、陳列、客層にも原因があるのかも

しれませんが、料理は食事と言うより炊き出しを

イメージしてしまう内容。

 

炒飯、焼きそば、粥、おかず6~7種類、パンは

食パンのみ、シリアル、スイカ、この程度です。

 

 

 

ジュースはケミカルな色をした得体のしれない

緑色の甘いもののみ。一口飲んで残しました。

 

朝食会場で見る限り、宿泊客の多くは中国人の

ようです。

 

プールやフィットネスジムといった設備は

ありません。

 

前日に泊まったホテルバルミと料金はほぼ同じ

でしたが、部屋は圧倒的に良かったです。

この料金で本当に良いの?というレベルです。

 

部屋が良かっただけに、余計に朝食のお粗末さが

際立ってしまいました。本当にもったいない。

 

またヤンゴンはタクシー代が安いとはいえ、個人的

には多くの観光名所に歩いていけるダウンタウンの

ホテルが良いかなあと思いました。

 

ホテル サンチャウンの客室タイプ・料金を調べる

ヤンゴン その他のホテル・サービスアパート宿泊記

サンチャウン郡区の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー タグ: , パーマリンク