慶福宮 ヤンゴン チャイナタウン 媽祖と観音菩薩を祀る福建系中国寺院

ヤンゴン2日目、午前中はチャイナタウンを観光する予定です。観光と言っても、私の場合は中国寺院・廟宇巡りですけどね。

先ずはホテルのすぐ近くにある慶福宮。

1861~1863年にかけて福建系華人により創建、ヤンゴン市内で最大の道教寺院・廟宇とされています。

福建系(閩南系)の廟宇にしては、屋根の反りも小さく、装飾もおとなしめです。

前殿の前には四天王像が置かれています。2101年に150周年記念として奉納されたものと書かれていました。

四天王は帝釈天(インドラ神)に仕え、世界の中心にある須弥山(メル山、スメール山)の東西南北を守護する神様。

東方を護る持国天。

 

南方を護る増長天。

 

西方を護る広目天。

 

北方を護る多聞天。

多聞天は毘沙門天とも言い、タイの仏教寺院でもよく目にします。タイ語でターオ ウェースワン。ヤック(鬼神、夜叉)の親分です。

前殿を抜けると、拝殿と本殿。

 

慶福宮は媽祖廟とされていますが、中央の主祭神のところには観音佛祖と書かれてあるんですけど。

 

よく見たら後方に観音菩薩、手前に媽祖(天上聖母)が祀られていました。

 

手前に立っているこの像はなんでしょう?頭巾の造形から済公っぽいのですが。

 

左の祠では女性が熱心に参拝しています。

協天大帝、つまり関帝聖君(関羽)ですね。山西夫子とも呼ばれます。

 

トレードマークの真っ赤な猛々しいお顔。

 

右は医学・健康の神様、保生大帝。

保生大帝は特に閩南人に信仰されており、いかにも福建という神様です。

 

こちらの祠には土地の神様・福徳正神、子宝の女神・註生娘娘、学問の神様・文昌公(文昌帝君)。

 

ヤンゴン最大の道教寺院らしいですが、規模は思っていたほど大きくありません。

 

敷地を出てすぐのところで小鳥を売っています。

小鳥を買って逃がしてやることで徳を積むという、タイなどでもよく見るやつですね。

それでは次に向かいましょう。

慶福宮はヤンゴン川そばのストランド通り沿い、18thストリートとSinn O Dan通りの間にあります。

ヤンゴン・チャイナタウンの地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

カテゴリー: ミャンマー タグ: , , パーマリンク

慶福宮 ヤンゴン チャイナタウン 媽祖と観音菩薩を祀る福建系中国寺院 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 観音菩薩を祀る広東観音古廟 ヤンゴン・チャイナタウン | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。