ヤンゴン 龍山堂正順宮 ペナン・クーコンシーと同じ邱姓と曾姓の先祖を祀る宗祠

 

遅い昼食の後、ホテルへの帰り道に1ヶ所だけ

見学していきます。

 

ヤンゴンに到着後、半日中華街を観光をする予定

でしたが、ホテルですっかり寝込んでしまったので、

少しでも挽回しておきましょう。

 

こちらの1875年に創建された龍山堂です。

 

 

太い眉毛の石獅です。

一般的に左側(向かって右手)が雄獅子で、足下は

球で遊ぶ姿が多いですが、こちらは串銭持ち。

 

子連れの雌獅子。

 

本殿に入ってみましょう。

 

中央に祀られているのは王孫爺爺(本名は謝安、

廣惠聖王とも言います)と大使爺爺(本名は謝玄、

王孫大使、謝府元帥とも)。

 

鉄格子の中に安置されているのは、もう夕方で

閉館間近だからなのかと思いましたが、ネットで

画像検索してみると、常にこうなっているようです。

 

向かって右手は福徳正神かな?

 

左手には数柱の神像。

其々の神様の名前が分からないのですが、一柱は

太保公聖神という文字が見えました。向かって左手の

小さな像は哪吒三太子かな。

 

この龍山堂は曾姓と邱姓の祖先を祀る宗祠・祠堂

なんですね。

 

殿内に「詒穀堂」と書かれた扁額があります。

 

龍山堂、王孫爺爺・大使爺爺、邱姓、詒穀堂、

何となく過去に行った所でも見たような気が

したので、過去の旅行記を調べてみると・・・

 

ペナン・ジョージタウンにある有名な観光名所の

クーコンシー(邱公司)と共通点が多いです。

 

クーコンシーの正式名称は龍山堂邱公司です。

龍山堂は現在の福建省厦門市集美区杏林鎮新垵村

(当時は新江村)を源流とする新江邱氏の堂号。

 

華人は同じルーツを持つ宗族ごとに堂号を持ち、

祖先を祀る祠堂の名称=堂号です。

 

詒穀堂はペナンの新江邱氏が龍山堂とする前に、

元々使用していた堂号。クーコンシーに詒穀堂と

いう名称の祠もあります。

 

また新江邱氏は元々曾姓でしたので、ここでは

同じルーツの曾姓の同姓団体も同居しているの

でしょう。

 

ヤンゴン龍山堂とペナンのクーコンシーの共通点は

 

1)邱姓の祖先を祀る宗祠で龍山堂の堂号。

2)王孫爺爺と大使爺爺を主祭神として祀っている。

3)詒穀堂というかつての堂号。

 

まず間違いなく、どちらも新江邱氏(新江邱曾氏)

の宗祠だと思います。

 

この三益堂は曾氏の堂号のようです。

 

画像撮影を忘れてしまったのですが、一族から

輩出した博士・修士・学士の名前や大学名が

書かれた額も多く掲示されていました。

 

昔で言えば、一族から科挙や進士の合格者を出す

ようなものでしょう。

 

豪華絢爛なペナンのクーコンシーと比較すれば見劣り

しますが、ヤンゴンの中ではこの邱氏が最も有力な

華人の一族のようです。

 

ヤンゴン・チャイナタウンの地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー タグ: , パーマリンク