ペナンビストロ ジャカルタのマレーシア料理レストラン

サービスアパートをチェックアウトし、荷物を預けて出掛けます。

アパートの前にあるトランスジャカルタ(バスウェイ)のバス停から6A路線でサリナーへ。

サリナデパート、ワヒドハシム通り、アグスサリム通り(サバン通り)をブラブラし、昼食でやってきたのはペナンビストロというレストラン。

モナスの南側のクボン シリ(Kebon Sirih)通りにあり、前回行ったナシゴレンカンビン (ヤギ肉炒飯)の店から2~3分。

ペナンビストロはマレーシア料理のレストランチェーンで、現在ジャカルタに8店舗あります。

入りませんでしたが、前回グランドインドネシアをブラブラしている時に知りました。マレー系、インド系の料理もありますが、中華系メニューが中心です。

行ったのは平日の午後1時前でしたが、結構繁盛しています。

禁煙エリアは少し待つということで、喫煙エリアで妥協しました。

禁煙エリアは吹き抜け?天窓?になっており採光で明るく、天井が高くて緑も多く、雰囲気が良さそうでした。

ドリンクはテ タリ(ミルクティー)のアイス。36Kルピア。

そんなに甘くなくて良かった。

混雑しているせいか、なかなか料理が出て来ません。

30分近く待ってやっと出て来ました。

ペナン チャークイティオ(炒粿條)、75Kルピア。

個人的にペナンで食事と言えば、まず最初に頭に浮かぶ大好きな料理です。

チャークイティオから派生したと思われるタイのパッタイ(泰式炒粿條)も好きですけどね。

幅広のクイティアオ(米粉麺)を醤油・オイスターソースで炒めたもの。

マレーシアやシンガポールではクイティオにミー(中華麺)をミックスするパターンもありますが、ここはクイティオのみ。

チャークイティオは屋台・フードコートの料理というイメージですが、ここはレストランだけあって少しお上品。その分値段も高いですけど。

エビと豚の皮を揚げたやつかな。

 

中華ソーセージ・サラミのラプチョン(香腸)。

 

フィッシュケーキ=さつま揚げみたいな魚の練り物。

 

もう一品、メニューにはEBI String Beanとなっていましたが、中華料理の干扁四季豆。74Kルピア。

 

四季豆(インゲン)と干しエビ・豚ひき肉を炒めた料理で、これも好きでよく注文します。

この料理は味付けもさることながら、インゲンのシャキシャキした食感を残せるかがポイントですが、OKですね。

逆に火の通りが甘いと青臭さが残ります。

どちらの料理もおいしかったのですが、混んでいたせいか、少しぬるくなっていたのが残念でした。

お勘定はサービス料7%と付加価値税10%が加算され、合計217,745ルピア(約1,750円)。

お店の場所はモナスの少し南側にあるクボンシリ通り、グランドインドネシア、スナヤンシティ、パシフィックプレイス、コタカサブランカ、セントラルパークなどのショッピングモールにも店舗があります。

モナス周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

カテゴリー: インドネシア タグ: , パーマリンク