KLMオランダ航空 KL・ジャカルタ線 ボーイング777-300ER 旅行記・口コミ・評判

クアラルンプール~ジャカルタはKLMオランダ航空KL809便を利用しました。

東アジア・東南アジアばかり行っている私にとって、KLMオランダ航空なんて全く縁のない航空会社と思っていましたが・・・

このKL809便はアムステルダム~クアラルンプール~ジャカルタと運航しており、そのKL・ジャカルタ間のみ利用する形です。

KLMに限らず、こういう以遠権フライトは航空券が安いことが多くて狙い目です。

私はホーチミン・バンコク線でルフトハンザ航空、カタール航空、ターキッシュエアラインを利用した経験があります(全て現在はもう運航していません)。

受託手荷物があるなら、LCCと大差ないどころか場合によってはLCCより安くなることもあります。

特にKL・ジャカルタ路線はLCCを含め競合も多い激戦区ですので、全体的に運賃は安いのですが。

KLMオランダ航空ですと、他にシンガポール・バリ(デンパサール)という以遠権路線があります。

使用機材はボーイング777-300ER。

長距離路線によく使われる大型ジェット機ですね。

 

機体全体が撮影出来る場所がありませんでした。

 

エコノミークラスの座席配置は3-4-3の10席並び。

 

私の席は15G、通路側の席です。

10~14列(13列はなし)はエコノミーコンフォートという足下の広い席で、15列はそのすぐ後ろ。

 

パーソナルモニター、シートポケット、テーブルとモダンなデザイン。

シートポケットは中・下と2ヶ所あります。

機内エンタメは日本語も選択可能、邦画はアニメを含め7本、日本語で視聴出来る洋画も数えきれないほどたくさんあります。

 

モニターにはイヤフォンジャックにUSBポートも付いています。

 

あれっ、思ったより足下が広いんですけど。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)のはずが、エコノミーコンフォートと同じ34インチ(約86cm)くらいはありそう。

なんか得した気分です。

すぐ後ろの16列を見てみると、シートピッチは普通の広さ(31インチ)のようでした。

シート幅も10席並びにしては、それほど狭いという印象はありません。

毛布や枕は準備されておらず、毛布はリクエストとなります。

ざっと見た限り、乗客は西洋人(オランダ人?)が多かったです。私の隣も若い西洋人女性が3人並んでいました。

キャビンアテンダントはおばちゃんが多い。フレンドリーな雰囲気です。

離陸前にイヤホン、水平飛行になってインドネシアの入国書類が配られ、すぐに機内食の時間になります。

入国書類はチェックインカウンターや搭乗ゲート前にも置いてありました。

せいぜい2時間のフライトですので、機内食は軽食スナックのみとなります。

 

ピタパンで巻いたアラブ風のサンドウィッチ?

 

中は鶏肉のミンチがたっぷり。辛くはないですが、スパイシーでおいしかった。

2時間ほどでジャカルタ・スカルノハッタ空港に到着しました。

近距離ですので、LCCを含め、どの航空会社でも良かったのですが、今まで乗ったことがないという理由で今回はKLMオランダ航空を予約したもの。

預け荷物も無料、シートもLCCより快適、スナック程度ですが機内食も出て、しかも料金はLCCと大差なしということで、印象が悪いはずがありません。

わずか182マイルですが、デルタのスカイマイルに加算出来ました(25%加算)。

その他のKLMオランダ航空の搭乗記を見る

海外航空券なら安心のHIS系 サプライス

クアラルンプール ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

カテゴリー: マレーシア タグ: , , パーマリンク

1 Response to KLMオランダ航空 KL・ジャカルタ線 ボーイング777-300ER 旅行記・口コミ・評判

  1. ピンバック: KLMオランダ航空 ボーイング777-300ER 非常口席 搭乗記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。