マレー鉄道 KTM ETS クラス93 中国中車株洲電力機車製の車両

 

イポーでは雨に祟られ、目的のお店1軒に行った

だけでイポー駅へ向かいます。

 

まだ少し時間はあるので食事をしたいのですが、

雨でタクシーがなかなか捕まらない可能性大なので、

安全策を取って早くイポー駅へ行くことにしました。

 

駅になんか食べるところあったかな?

 

 

駅構内に食堂はなく、ちょっとした売店程度。

ワッフルとかスナック菓子とか、食指が動きません。

 

何とか妥協して、外のインド系売店で売っていた

サモサと揚げドーナツみたいなものを買いました。

 

発車まで時間があるので駅構内をぶらついていたの

ですが、イポー駅にもコインロッカーはあるんですね。

 

 

KLセントラル駅で利用したコインロッカーと同じ

DrLockerという業者です。

 

利用時間は4~24時で、料金は中サイズが1日(1回)

RM5、大サイズRM10、KLセントラル駅に比べると

大幅に安いです。

 

KLセントラルのコインロッカーは顔認証&

指紋登録という最新式でしたが、ここのはトークン

(コイン)を購入して鍵を閉める古いタイプ。

 

脇にトークン販売機が設置されています。

トークンは1枚RM5、大サイズの場合は2枚必要。

 

構内のイスに座って待っていると、アナウンスが

あり、周りの乗客が立ち上がって改札口に向かい

始めました。

 

改札が始まったようですね。

 

私が利用するのは、イポー19:34発のEG9037という

列車です。

 

ETSはエレクトリック トレイン サービスの略ですが、

停車駅の数(速達性)によりプラチナム、ゴールド、

シルバーと3種類の列車タイプがあります。

 

東海道・山陽新幹線の「のぞみ、ひかり、こだま」の

違いみたいなものですが、そこまで到着時間に差は

ありません。

 

プラチナム、ゴールド、シルバーは各々EP/EG/ESと

いう列車番号が付きます。

 

今回乗るのはEG9037ですのでゴールド。

 

ETSの車両には、初期の現代ロテム製(クラス91)

とその後導入された中国中車系の株洲電力機車製

(クラス93)がありますが、今回は株洲電力機車製。

 

前回KLセントラル・イポーを往復した際は、

行きシルバー、帰りゴールド共に現代ロテム製の

車両でした。

 

また昨年には株洲電力機車製で1-2の座席配置の

ビジネスクラスという車両が一部の列車に導入

されています。

 

ETSは6両編成でA~F号車まであります。

車両により若干座席配置が異なりますが、基本的に

半分の座席が進行方向、半分の座席が反対方向を

向いています。

 

まだ新しい感じがする車両です。

 

T9319という車両番号で検索しますと、2016年に

導入された車両でした。

 

 

乗客は少なくどこも2席に1人という感じなのですが、

私の隣には乗客がいるんですよ。

 

その彼もほぼ中間点のタンジュンマリムで降りて

行きましたので、そこから撮影タイムです。

 

現代ロテム製車両との違いの一つ、隣の席との間に

アームレストがあります。

 

 

テーブルにシートポケット、足下にはフットレストが

付いています。

 

 

窓側には服をかけるフックもあります。

 

座席の下に電源コンセントはあるのですが、

マレーシアのBFタイプです。

 

一応変換アダプターは持っていたので、スマホの

充電をしようと思いましたが、かなり奥の方にあり

床に座らないと届かない位だったので諦めました。

 

KLセントラル駅には定刻の22:14頃に到着。

イポーから2時間40分の列車の旅でした。

 

以前より少し時間が掛かるようになった?

 

前回乗った際は、一番遅いシルバーでも時刻表上は

KLセントラル・イポー間が2時間半だったのです

(15分くらい遅延しましたけど)。

 

関空から早朝にクアラルンプール空港に到着後、

バスでテロックインタンとイポーを回り、ETSで

KLに戻って来るという長い1日が終わりました。

 

イポーの地図とホテル

KLセントラル駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: マレーシア タグ: , , パーマリンク