KLセントラルで早朝から朝食 カンプアミーと福州扁肉

 

荷物をコインロッカーに預けて身軽になったところで

先ずは朝食です。

 

朝6時半過ぎだと、クアラルンプールはまだ暗い。

 

シンガポール・マレーシアは日本と時差1時間、

同じイギリス領だった香港と同じなわけですが、

経度的にはタイと同じ日本と2時間差が妥当ですよね。

 

KLセントラル周辺で早朝から営業している店となると

モノレール駅裏にある安ホテル街のタンビピライ通りに

行くのが間違いないでしょう。

 

この通りには24時間営業のインド料理店もありますし、

24時間ではないけど中華系レストラン・食堂もあります。

 

フードコートのシャングリラ ブリックフィールドも

既に営業していたので、ここにしましょう。

 

以前も食べたことがあるカンプアミー(乾盤面)の

屋台にしました。

 

カンプアミー(乾盤面)はサラワク州シブ名物の

麺料理で福建省福州発祥と言われています。

 

同じサラワク州でクチン名物のコロミーと似ていて、

正直違いが今一つ分かりません。

 

このストールのカンプアミーは、オリジナル(原味)、

オリジナル+チリソース(白辣)、ソイソース(醤油)、

ソイソース+チリソース(醤油辣)と4種類ありますが、

 

今回はソイソース味を注文してみました。

値段は大がRM8、小がRM7、私が注文したのは大。

 

具は肉そぼろ、叉焼、揚げタマネギ(エシャロット)、

ネギとどの味も内容は同じだと思います。

 

スープ無しのドライ麺ですが、底の方に醤油ダレが

あるので、かき混ぜて頂きます。醤油は叉焼の煮汁

かもしれません。

 

ちなみに前回食べたオリジナル(原味)の乾盤面

こんな感じでした。

 

前回も感じた通り、麵がねちゃっとして食感があまり

好みじゃないんですよね。味は悪くないと思うのですが。

 

でもボリューム的には満足出来ました。

 

もう一品注文した福州扁肉。

 

扁肉って、要は豚肉のワンタンです。

小さめのが5個入ってお値段はRM3.5。スープ有りと

無しが選べます。

 

私はドライ(スープなし)にしましたが、

ゴマ油が効いていました。味はまあ普通かな。

 

ワンタンは中国語で餛飩ですが、広東では雲吞、

福建では扁食・扁肉となります。

 

福建系華人の多いインドネシアでは、ワンタンの

ことをパンシット(Pangsit)と言いますが、福建語

の扁食(ビエンシー)が語源らしいです。

 

同じく福建系華人の多いフィリピンですと

パンシットは麺・ヌードルの意味になっています。

 

お腹は膨れましたし、あまり時間もありませんので

バスターミナルへ向かいましょう。

 

KLセントラル駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク

1 Response to KLセントラルで早朝から朝食 カンプアミーと福州扁肉

  1. ピンバック: カンプアミー 乾盤面 サラワク・シブ名物の麺料理  | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。