KLセントラル駅でコインロッカーに手荷物を預ける 設置場所・料金・使用方法

 

エアアジアXでクアラルンプールに到着後、KLIA2から

バスでKLセントラル駅へやって来ました。

 

飛行機に7時間、バスに1時間乗ってKLセントラルまで

来たわけですが、これからテロックインタン、イポーと

周って、今日中にまたKLに戻って来るというなかなか

ハードなスケジュールです。

 

この時で朝6時頃ですが、KLのホテルにチェックイン

出来るのは23時前かな。

 

先ずはコインロッカーにスーツケースを預けて身軽に

なりたいと思います。

 

約7年前にKLセントラル駅のコインロッカーを利用

したことがありますが、設置場所もシステム・料金も

変わってしまいました。

 

以前はKLセントラル駅1階(日本風に言えば2階、

LRTやKTMコミューターの改札がある、駅で一番

賑わっているフロア)からこのメリディアン、

ヒルトンホテルへ向かう階段の裏側にありました。

 

現在はこの階段(エスカレーターもあり)で2階に

上がってすぐ左手にコインロッカーが見えてきます。

 

コインロッカーはDrLockerと言う会社が運営、

大中小の3サイズあり、1日(24時間)当たりの

料金は下記の通り。

 

大(ラージ)サイズ RM50(約1,360円)

中(ミディアム)サイズ RM30(約820円)

小(スモール)サイズ RM10(約270円)

 

結構高いですよね。

 

大が縦長、中が真四角に近い形状です。

 

小は横に長いタイプ。

 

色違いですけど、全く同じです。

 

KLセントラル駅1階からMRTミュージアムネガラ駅へ

向かう途中にも設置されています。

 

上の画像にも写っていますが、通常のワーキング

アワーには各ロッカーの近くに操作をサポートして

くれるおじさんが座っています。

 

私の場合は、預けたのが朝6時、引き取ったのが

22時過ぎでしたので、どちらのタイミングも

いませんでした。

 

コインロッカーの使用方法ですが、脇にロッカー

コントロールパネルというキオスク・端末があり、

これで全て操作します。

 

マレー語、英語、中国語に対応しています。

 

<預ける場合>

1)画面の「DEPOSIT」をタッチ。

2)ロッカーマップが表示され、空いているロッカー番号を選択。

3)自動的に顔認証用の写真3枚が撮影されます。

4)指紋を登録します。

5)代金を投入(現金のみ)。

6)選択したロッカーのドアが自動的に開くので、荷物を入れ

ドアを閉めます。

 

<引き取る場合>

1)画面の「FETCH」を選択。

2)キオスク(ロッカーコントロールパネル)のカメラで

自動的に顔認証をしてくれ、ロッカーのドアが開きますので

荷物を取り出します(24時間以上預けた場合は、超過料金を

払ってから開くはず)。

 

顔認証で自動的に開くので、ロッカー番号を覚える必要は

ないですが、どのキオスク(ロッカーコントロールパネル)で

操作したかは覚えておく必要があります。

 

尚、古いタイプのDrLockerは、顔認証・指紋認証の部分が

6桁のピンコード(暗証番号)方式になっています。

 

画面の大きなタイプのキオスクもありますが、

操作方法は全く同じです。

 

私のスーツケースは63Lの中型サイズ、さすがに

「小」は無理でしょう。

 

当然入ると思ってあまり深くも考えず、「中」の

コインロッカーを選択、お金も投入したのですが・・・

 

入りませんでした。

奥行きが余りないんですね。

 

お金を払うまではドアが閉まっているので、

サイズ的に入るかどうか試せないのです。

 

斜めにしてもダメか色々やってみましたが、

無理でした。RM30(約820円)をドブに捨てた

ようなものです。

 

結局、RM50(約1,350円)もする「大」サイズに

入れることになりました。

 

各サイズの料金自体も高いのですが、このサイズの

スーツケースでさえ、「大」になってしまうので

余計に割高感がありますね。

 

KLセントラル駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク

3 Responses to KLセントラル駅でコインロッカーに手荷物を預ける 設置場所・料金・使用方法

  1. ピンバック: KLセントラル駅のコインロッカー | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: KLセントラルで早朝から朝食 カンプアミーと福州扁肉 | 泊まりたいアジア

  3. ピンバック: マレー鉄道 KTM ETS クラス93 中国中車株洲電力機車製の車両 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。