スクートTR894 高雄・関西大阪線 搭乗記・口コミ・評判

今回の高雄・台南5泊6日の旅も帰国の時がやって来ました。

帰りも往路同様スクート利用。

スクートTR894、シンガポール発高雄経由関西行きの便です。

スクートもウェブチェックインを導入していますが、台湾や日本発は対象外なので、空港のカウンターでチェックインする必要があります。

チェックインカウンターはガラガラで待ち時間なし、エバー航空のスタッフが業務を請け負っていました。

特に指示はなかったのですが、スケールに乗せてバックパックの重さを量ってみたら8.2kgでした。

行きは5.5kgでしたが、お土産とか買ったのでそこそこなりましたね。

LCCだと機内持込手荷物は7kgまでという航空会社が多いですが、スクートは10kgまでなのでセーフです。

その後の保安検査、出境審査も待ち時間なしで通過出来ました。

時間をつぶしと昼食を兼ねてモアラウンジで過ごし、時間になったので搭乗ゲートへ向かいます。

使用機材はエアバスA320-200。

ガラスにシボ加工されたフィルムが貼られているのか、ぼやけてしか見えません。

 

エアバスA320で3-3の30列=180席と典型的なLCCの座席配置です。

 

私の座席は26F、後方から5列目の窓側です。

今回も座席指定はしていませんでしたが、無事真ん中の席は免れました。

 

シートピッチは28インチ(約71cm)、長くもない私の足でも膝がシートポケットに当たるくらいです。

一方シート幅は比較的余裕があるように感じました。

隣は台湾人の中年夫婦。

特に案内はありませんでしたが、全く違和感のない日本語の機内アナウンスがあり、日本人CAさんも乗務しているようです。

足下の広い最前列や非常口席へのアップグレードをSGD40(約3,200円)で募っていました。

機内販売で食事・ドリンクなどを買うこともなく。LCCの中でもスクートの機内食はかなり高いです。まあ安くても買いませんけど。

スマホにダウンロードした動画を見ていたら、あっという間に関空に到着。

スクート=ボーイング787のつもりで予約したのですが、タイガーエアを吸収合併したことにより現在はエアバスA320も保有していることを忘れていました。

エアバスA320ですと少し狭い感じは否めませんが、せいぜい2時間半のフライトなので、大きな問題ではありません。

シンガポール航空の中途半端に溜まったマイレージがスクートの代金支払に充てられることを知ったので、その消化目的でもまた利用すると思います。

その他のスクート航空の搭乗記を見る

海外航空券なら安心のHIS系 サプライス

高雄国際空港周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク

1 Response to スクートTR894 高雄・関西大阪線 搭乗記・口コミ・評判

  1. ピンバック: モア プレミアム ラウンジ 高雄国際空港 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。