阿倫冰店で潮州焼冷冰 熱いかき氷 屏東県潮州鎮名物

緑色隧道を散歩して、また潮州の中心街に戻ってきました。

最後にこちらの阿倫冰店で潮州名物の熱いかき氷「焼冷冰」を食べて帰ろうと思います。

本店創立於民國54年と書いてあるので、西暦1965年創業の老舗です。

メニューはこちら。

 

芸能人が来店されたり、テレビ番組などで取材されたりしたようで、たくさんの写真が貼ってあります。

人気店なんでしょうね。

実際この時も結構お客さんは多かったです。

圓環(ロータリー)に面したテーブルに座ります。

 

私が注文した総合焼冷冰、45元(約170円)。一番オーソドックスな看板メニューです。

 

氷の下に小豆、湯圓(白玉団子)、芋頭(タロイモ)などの入った熱々のお汁粉が隠れています。

 

当然お汁粉の熱で氷は溶けてきます。

 

そうこうしているうちに氷がほぼ全部溶けてしまい、冷たいお汁粉状態になりました。

メニューの下に焼冷冰的吃法(焼冷冰の食べ方)としてこんな注意書きがありました。

 

1.不要攪拌(混ぜなくていいですよ)

2.從旁邊由下舀起來吃(下の方を横から食べてみる)

3.先吃湯圓(最初に団子を食べる)

 

先に白玉団子を食べていれば、氷がもう少し長持ちしたのかもしれません。

氷が溶けて冷たいですがキンキンではないので、かき氷を食べた時の「頭がキーン」にならなくてその点では良かったかな。

味は普通においしいですが、どちらかと言えば話のネタになりそうというのがセールスポイントでしょうか。

食べ終わったらパラパラ雨が降り始めたので、高雄へ戻る為、急いで潮州駅に向かいます。

他に潮州日式歴史建築文化園区も見学する予定でしたが、すっかり忘れていました。

高雄なら再訪の可能性大ですが、潮州にまた来ることなんてあるかなあ・・・

阿倫冰店の場所は、潮州駅(台鉄・潮州火車站)から東の方向へ徒歩10分ほど、ロータリー(潮州圓環)に面しています。

潮州駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク