高雄 衛武営彩絵社区 衛武迷迷村のストリートアート

 

この日は昼過ぎに高雄から台南へ移動するのですが、

午前中に1ヶ所だけ観光することにします。

 

MRTオレンジラインに乗って衛武営駅へ。

一帯の団地がカラフルにペイントされた衛武迷迷村

(衛武営彩絵社区)なるものがあるのです。

 

最近世界的にストリートアート・ウォールアートが

流行っているように感じますが、台湾も多いですね。

アート・芸術に関心が高いのでしょうか。

 

衛武営駅の4番か5番出口を出て、三多一路の向こうに

見える立派な建物が衛武營國家藝術文化中心。

 

建軍路を歩いて行くと最初に見えてくるのが、

本棚・クローゼット風のウォールアート。

 

 

 

立地的な理由も大きいのでしょうが、衛武迷迷村で

紹介されることが一番多い、代表的な作品と言えます。

 

アート作品の地図がありました。

 

作品はそこらじゅうにあるので、どうしてもこの作品と

いうのがなければ、特に地図は必要ないと思います。

 

先ずは建軍路を見て行きましょう。

 

 

 

 

 

 

建軍路から尚勇路を覗いたところ。

逆光で見にくいですが、この通りは両サイド全ての

団地がアート作品になっています。

 

 

 

こうした小物アートも所々にあります。

 

 

 

ストリートアートではないですが、建軍路の一番奥に

ある高雄清真寺、イスラム教のモスクです。

 

細い路地にも入ってみます。

 

 

 

 

 

続いて澄清路33巷。

 

地下駐輪場へのアプローチにも。

 

 

 

 

 

 

ウォールアートと本物の洗濯物。

 

 

向こうに見えるのが澄清路。

 

一本南側の尚勇路へ続く路地。

 

 

この辺りは脱力系アート。個人的には好きです。

 

 

 

 

千元札。

 

この衛武迷迷村のメインストリートとも言える

尚勇路です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に歩いた建軍路方向を望む。

 

この辺りはお魚ゾーン?

 

 

 

 

 

次は衛武迷迷村の中央を南北に走る行禮街。

 

 

 

 

 

澄清路9巷は路面にペイントされています。

 

 

 

また行禮街に戻ります。

 

 

 

 

 

建軍路6巷。

 

 

 

 

最後にエリアの一番南側を走る行仁路。

 

 

 

何度も出会った4人組。かなり凝った画像・映像を

撮っているみたいでした。

 

 

 

いや~、楽しめました。

 

衛武迷迷村は2016年から始まったようです。

世界的にストリートアート・ウォールアートが流行り

だしたのもこの頃ではないでしょうか。

 

東・東南アジアではペナン・ジョージタウンが早くて

2012年頃から始まっています。

 

ここはかなりの規模で台湾最大のストリートアート?

しかも作品がぎゅっと集まっているので、見学するのに

便利ですが、逆に見つける楽しみはないとも言えます。

 

私はエリア内のほとんどの通りを歩いてみましたが、

短時間で済ませるなら建軍路、尚勇路、行禮街を

周ればOKです。

 

MRT衛武営駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 タグ: , , パーマリンク