糖鉄故事館 旧旗山駅 台湾製糖業・糖業鉄道の歴史 高雄

 

紫蝶幽谷からバスで旗山に戻ってきたのですが、

せっかくの機会なので、旗山老街も少しブラブラ

してみます。

 

この日は日曜日ということもあって結構賑わって

いました。

 

いかにも観光客という感じの人たちがいるなあと

思ったら、旗山車站というかつての鉄道駅でした。

歴史を感じさせてくれる風情のある駅舎ですね。

 

旗山駅は蕃薯藔駅として日本統治時代の1910年開業、

この駅舎は1913~1915年に建設されたもの。現在は

糖鉄故事館という小さな資料館になっています。

 

趣のある駅舎の前で写真だけ撮影し、中に入る人は

少ないですが、私は入ってみようかな。

 

チケットは30元、ペラペラの紙ですが、昔の切符

(硬券)みたいですね。

 

屋外には当時の蒸気機関車も展示されています。

 

「台糖」と「旗」のエンブレム。台湾精業の旗尾線と

いう意味かな?1946年のベルギー製の機関車です。

 

日本統治時代の1900年代~台湾各地に製糖会社が

設立され、それら製糖会社によって原料・製品等を

輸送する糖業鉄道(糖鐡)も建設されました。

 

旗山駅は高砂精糖の旗尾線の蕃薯藔駅として開業、

旅客の他、サトウキビや粗糖の運搬にも利用されて

いました。

 

 

高砂製糖は鹽水港製糖(現在の塩水港精糖の前身)系、

後に鹽水港製糖と合併、更に戦後の1946年に国民党政府に

よって、台湾製糖、鹽水港製糖、大日本製糖、明治製糖の

資産が接収・合併させられ誕生したのが台湾糖業です。

 

塩水港精糖の塩水港って、台南市塩水区の地名(港)

なんですね。また台糖(現在は三井製糖と合併)の

前身が台湾製糖だそうです。

 

客車の中も見学出来ます。

 

 

 

 

後で行こうと思っていた枝仔氷城のアイスを売って

います。食べたい・・・のですが、やはり枝仔氷城の

本店で食べるのが良いですよね。

 

糖鉄故事館という資料館になっている駅舎の中に

入ってみます。

 

 

 

小火車伸展台、伸展台=転車台のある車庫の模型。

 

 

昔の切符。

 

色んなゲージ(軌条=レールの間隔)について比較

しています。

 

 

 

台湾の糖業鉄道は、762mmゲージの軽便鉄道(五分車)。

日本統治時代の台湾総督府鉄道を源流とする台湾鉄路

(台鐡)は日本と同じ1067mm。

 

旗山駅のピークは1930年代、戦後道路網が整備され、

1970年代に台湾の製糖業が衰退し、旗美線は1978年に

廃止、1982年に全線の線路が撤去されました。

 

正直言いますと、見学当時は大して面白くもなかった

ですが・・・

 

ブログを書くにあたって色々調べていると、日本とも

深い関係がある台湾の製糖の歴史を知ることが出来て、

興味深かったです。

 

旗山老街周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 タグ: , , パーマリンク

1 Response to 糖鉄故事館 旧旗山駅 台湾製糖業・糖業鉄道の歴史 高雄

  1. ピンバック: 吉美麵包店のバナナケーキと枝仔氷城のバナナアイス 高雄・旗山はバナナの里 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。