男根神社 サーン チャオ メー タップティムが移転して残っていた バンコク

 

以前バンコクのスイソテル ナイラートパーク ホテル

(その前はヒルトンホテル)の敷地内に男性器リンガを

祀った一画(通称:男根神社)がありました。

 

2016年にこのホテルがナイラートパークグループから

バンコク デュシット メディカル サービス(BDMS)に

売却されました。

 

売却後、男根神社がどうなったか、特に気にも掛けて

いなかったのですが・・・

 

先日タイ人の友達と会話している際に、あの神社は

近くに移転して現在も存在していると聞いたので、

行ってみました。

 

BTSプルンチット駅からウィッタユ通り(ワイヤレス

ロード)を北に歩いて行きます。

 

こちらがかつてのスイソテル ナイラートパーク 、

最近、モーベンピック BDMS ウェルネス リゾート

としてリニューアルオープンしました。

 

建物の外観は以前と変わらないですね。

 

目当ての男根神社はこのホテルの南側の敷地に

あるそうです。こちら側の土地はまだナイラート

パークグループが所有しています。

 

公共の公園のように自由に入れるのかと思いきや、

ガードマンに「どこに行くのか?」呼び止められます。

 

サーン チャオ(神社・祠)まで行きたいと言うと、

無線機で他のスタッフに連絡した後、中に入れて

くれます。

 

しばらく歩いて行くと、別のスタッフが待っていて、

神社まで案内してくれました。

 

正式名称はサーンチャオ メー タップティムと言い、

1920年に創建されています。

 

サーンチャオは神社・祠、メータップティムは華人に

広く信仰されている航海・漁業の女神・天后聖母(媽祖)

もしくは海南系の水尾聖娘を意味します。

 

直訳ではメー=母、タプティムはザクロです。

 

ザクロの果実の赤いつぶつぶがたくさん詰まった

形状が、多産・子孫繁栄の意味があるようです。

 

そういう意味合いで、同じく子孫繁栄の意味がある

リンガ(男性器)も奉納されたのでしょう。

 

祠の周りにはたくさんの男根が祀られていますが、

以前に比べるとかなり数は少なくなっていますね。

 

 

 

 

 

敷地内は緑豊かな公園の様で、ナイラートパーク

ヘリテージ ホームという古いお屋敷やレストランなどが

あります。

 

木・金の11:00/14:00/16:00にヘリテージホームの

見学ツアーが開催されているようです(要予約?)。

 

神社は敷地のソイ・ソムキット寄りにあるので、

帰りはソイ・ソムキット側から出ました。

 

この敷地にホテル&レジデンスが建設され、アマンプリ

などで知られる超高級リゾートのアマンが運営すると

ニュースになっていました。

 

BTSプルンチット駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク