ベトナム航空 エアバスA321 ハノイ・バンコク線VN615便 搭乗記・口コミ・評判

 

ホイアン→ハノイ→サパ→ハノイとベトナムを回り、

この後はバンコクへ向かいます。

 

利用するのはベトナム航空のVN615便。

 

出発時刻の1時間半前にノイバイ空港に到着したの

ですが、チェックインカウンターは空いていました。

 

出国審査と保安検査もスムースに通過、しばらく

ソンホンビジネスラウンジで時間をつぶしてから

搭乗ゲートへ向かいます。

 

搭乗口に行くと、大量のベトナム人団体ツアー客が

待っていました。国籍・人種に関係なく、団体客は

騒がしいですなあ。

 

使用機材はエアバスA321-200。

 

ベトナム航空の近距離路線における主力機種で、

私はもう2~30回乗っているので新鮮味がありません。

 

エコノミークラスの座席配置は3-3。

 

私は12Dを座席指定していました。

エコノミークラスでは前から3列目の通路側、隣は

空席でした。

 

シートピッチは32インチ(約81cm)ですので、

一般的な近距離路線LCCの28~29インチに比べると

余裕があります。シート幅もゆったりめ。

 

ベトナム航空では定番のサービスですが、離陸前に

おしぼり(ウェットティッシュ)が配られます。

個人的には要りませんけど。

 

水平飛行になってすぐに機内食の時間。

 

この日はディムサム(点心)とビーフヌードルの

選択肢で、私はディムサムにしました。

 

あれっ?

前もこれと同じものを食べたことあるな。

 

以前の搭乗記を遡ると、3年程前に同じVN615便

同じディムサムを食べていました。

 

ベトナム航空で数年後にまた同じ機内食に遭遇という

ケースは他にもあります。

 

このハム、サラダ、フルーツだけという機内食も

バンコク⇔ホーチミンシティ路線で記憶している

だけでも、3回はあります。

 

さて点心ですが、皮が少しねちょっとしています。

機内食だし、贅沢言えないか・・・

 

点心は好きですが、次は別のものを選ぶようにしよう。

 

特にハプニングもなく、1時間50分ほどでバンコク・

スワンナプーム空港に到着。

 

マンネリでテンションは上がりませんが、特に不満も

ありません。2時間弱のフライトなので、LCCでも全く

OKですし。

 

既にベトナム航空も新機材のエアバスA321neoを導入

しているので、早くこれに当たらないかなあと願う

ばかりです。

 

その他のベトナム航空の搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

ハノイ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ, ベトナム タグ: , , パーマリンク