ブン ボー ナム ボー バック フォンで汁無しビーフンの朝食 ハノイ

 

朝食はブンボー ナンボーという麺料理を食べようと

思います。

 

アパートから歩いてやって来たのが、こちらの食堂。

ネットなどでもよく目にする有名店・人気店です。

 

ブンボーナンボー(Bún Bò Nam Bộ )という名前で

紹介されていることが大半ですが、バック フオン

(Bách Phương)が正式な店名のようです。

 

至ってシンプルな内装です。

 

開店時間の7:30に合わせてやって来ましたので、

他の客はまだおらず、一番乗り。この後、続々と

お客さんが入って来ましたけど。

 

メニューはこちら。

 

料理としては、

 

ブンボーナムボー 60K(約280円)

ガ ハム  トゥオック バック(鶏肉の漢方煮込み) 60Kドン

ネム チュア(豚肉の発酵ソーセージ) 6Kドン

ゾー(ベトナム風ミートローフ) 6Kドン

バインバオ(包子) 5Kドン

 

注文したブンボーナンボーがやって来ました。

 

ブンボーナムボー(Bún Bò Nam Bộ)とは、

ブン=米粉麺(ビーフン)、ボー=牛肉、ナムボー=

南部という意味で、南部風の汁無し米麺です。

 

一番上に乗っている白っぽい物体は、カブの酢漬け

みたいなもの(人参も少しあり)、他に具は炒めた牛肉、

もやし、フライドオニオン(エシャロット)など。

 

メニューに英語でビーフヌードルサラダと書いている

だけあって、下にレタス・大葉などの野菜・ハーブも

たっぷり入っていました。

 

スープはありませんが、底に少しだけタレが入って

いまして、麺・具・タレをかき混ぜて頂きます。

 

ヌックマムベースのタレが少し甘めなので、卓上の

ライムを絞って酸味をプラスすると味がしまります。

 

こうした汁無し麺・和え麺は大好きで、今まで

色んな国で色んな汁無し麺を食べてきましたが、この

ブンボーナムボーもなかなか美味いなあ。

 

特に野菜が多くてさっぱりヘルシーなのが良いですね。

また食べてみたい麺料理です。

 

ベトナムでは他にフーティウ コー(Hủ Tiếu Khô)という

汁無し麺を食べたことがあり、これもおいしかったです。

Khôが乾いた=汁無しという意味です。

 

ブンボーナンボー バックフォンの場所は、ハノイ旧市街

オールドクォーターの南西部、ハンディエウ(Hàng Điếu)

通りのハンザ市場近く。

 

ハノイ旧市街(オールドクォーター)周辺の地図とホテル

ハノイ ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク