ファンシーパン山への行き方 ロープウェイ&ケーブルカー サパ観光

 

ホテルを11時にチェックアウト、荷物を預かって貰い

夕方のバスまでベトナム最高峰・ファンシーパン山を

観光する予定です。

 

先ずはサパ中心部からムオン ホア ファニキュラー

(Muong Hoa Funicular)という山岳鉄道(ケーブルカー)

でロープウェイ乗り場まで行きます。

 

ムオンホア ファニキュラーのサパ駅があるサンプラザ。

 

サンプラザの中に入ろうとしたら、前にたむろって

いるタクシー運転手らが「クローズ」と言っています。

 

はい、はい、あんたたちのやり口は分かっていますよ。

そうやって自分のタクシーに乗せようという魂胆でしょ。

 

が、本当にメンテナンスで運休していました。

 

ここぞとばかりに待ち構えていたバイクタクシー

運転手が声をかけてきまして、ロープウェイ乗り場

まで30Kドンで話が付きました。

 

ちなみに帰りはタクシーに乗りました。

料金は言い値100Kドンでしたが、メーターにして

もらい78.5Kドン。

 

10分ほどでロープウェイ乗り場に到着。

 

ロープウェイなどを含め一帯は、サンワールド

ファンシーパン レジェンドというアミューズメント

パークになっています。

 

アミューズメントパークと言っても、ロープウェイ

以外にこれといったものはありません。

 

よく分からない建造物、ガーデン、土産物屋などが

ある程度です。

 

 

 

 

ロープウェイ乗り場(ホアンリエン駅)の建物に入り、

チケットを購入します。

 

料金表は下記。

 

日本ではロープウェイですが、ここではケーブルカー

と呼ばれます。また日本でケーブルカーと呼ばれる

乗り物がここではファニキュラーとなります。

 

ロープウェイ700Kドン+頂上近くまでのケーブルカー

70Kで合計770Kドン。

 

50Kドンとなっているのは、この日運休だった

サパ中心部とロープウェイ乗り場を結ぶムオンホア

ファニキュラー。

 

往復料金とはいえ、ロープウェイ700K(約3,300円)

というのは、ベトナムの物価からすれば、結構な値段

ですよね。

 

さっそくロープウェイ乗り場へ。

月曜日のせいかガラガラ。日曜日は混みそうなので、

あえて昨日は避けたのが正解でした。

 

ゴンドラには私だけ、独占出来ました。

 

 

シックネスバッグ(ゲロ袋)も置いてありました。

 

後方を振り返って、さきほど出発したロープウェイ

乗り場。

 

眼下にはムオンホア渓谷のライステラス(棚田)の

大パノラマが広がります。

 

 

 

残念ながら、この日(9月16日)の時点では大半の

田んぼの稲刈りは終わっており、黄金色に染まった

絶景の棚田とはいきませんでした。

 

 

 

 

 

何かの作業小屋に差し掛かったところで、ロープウェイが

急に停止します。

 

まじか・・・

こんなところで取り残されたらやばいやん。

 

ゴンドラの換気窓から冷たい空気が入ってきます。

 

長い沈黙のように感じられましたが、2分ほどでまた

動き出しました。何だったのかは分かりません。

 

もう3,000メートル近いと思うのですが、この辺りでは

まだ森林限界には達していないようで、眼下には鬱蒼と

した森林が広がっています。

 

 

約20分のロープウェイによる空中散歩を楽しみ

ました。

 

ロープウェイが到着すると建物の外に出て、階段を

数十段登って少し歩いて行くと、頂上付近まで行く

ケーブルカー(ファニキュラー)の乗り場があります。

 

 

 

 

スタッフが乗り込みました。

 

 

ロープウェイの後、ケーブルカー(ファニキュラー)

を利用せず、歩いて頂上まで行くことも可能です。

 

但し、結構な段数(630段?)の階段を登ることに

なりますし、標高3,000メートル前後で空気の薄い所

でもあるので、帰り(下り)だけにしておくのが

良いと思います。

 

ケーブルカーを降りれば、ファンシーパン山の頂上

もうすぐです。

 

サンプラザ周辺の地図とホテル

ファンシーパン山周辺の地図とホテル

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , , , パーマリンク

1 Response to ファンシーパン山への行き方 ロープウェイ&ケーブルカー サパ観光

  1. ピンバック: ファンシーパン山 ベトナム最高峰 標高3,143メートル | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。