サパの屋台・露店でフルーツを購入

 

夕食の後、サパの街をうろついてみます。

 

しかしサパって、静かな高原リゾートの街と思って

来たのですが、中心部は人も多くてネオンギラギラだし、

正直ちょっとがっかりでした。

 

逆に夜でも安心して歩けるというポジティブな面も

ありますが。

 

ライトアップされたサパ教会。

 

サパ公園の脇、ラオカイ行きバス停のあたりに

果物屋台がいくつか出ていたのを昨晩見ていたので

何か買って帰ろうと思います。

 

 

ホテルのレストランでナイフとお皿を借りまして、

部屋でさっそく頂きましょう。

 

これはリンゴではなく梨。洋梨かな?

値段は30Kドン(約140円)/kg、4個で約1kgでした。

 

割ってみると、みずみずしさが足りない気がします。

 

食べるとガリガリした食感、硬くて繊維質が多いです。

水分も甘みも少なく、味がうっすい。食感は違いますが

ローズアップルのような淡白な味です。

 

正直、空腹で他に何もないという時じゃないと食べない

ですね。ごめん、これ4個は無理です。

 

ぶどうは少し高くて60Kドン(約280円)/kg x 0.8kg。

 

甘さは足りないけど、まあまあ食べられます。

種無しです。

 

勿論、日本のピオーネとかの方が圧倒的に美味いです。

 

東南アジアで食べる果物って、ドリアン、マンゴー、

パイナップルなど熱帯・南国フルーツはとてもおいしい

ですが、イチゴ、リンゴ、ブドウなどもう少し涼しい

ところの果物は外れが多いですね。

 

サパ中心部の地図とホテル

サパのホテル・サービスアパート宿泊記

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , , パーマリンク