サパ レッド ザオ ハウス 赤ザオ族の郷土料理

 

ホテルにチェックイン後、午後はタヴァン村まで行こうと

思っているのですが、その前に昼食を。

 

せっかくなので、やはりサパならではの地元の料理が

食べたいですよね。

 

そんな中で選んだのが、ホテル近くのレッドザオハウス

というレストラン。店名の通り、少数民族・赤ザオ族の

郷土料理を出すレストランです。

 

有名店・人気店みたいで、私が行った時も結構繁盛して

いましたが、タイミング良く、すぐに屋外のテラス席に

座れました。

 

木造の山小屋風、趣のある建物です。

 

赤ザオ族の民族衣装風の店員の女性。

この赤頭巾ってどこかで見たことあるなあと思ったの

ですが、タイ北部に住むヤオ族と同じ民族なんですね。

 

緑茶、25Kドン(約120円)。

 

スープ オブ レッド ザオという赤ザオ風スープ、

65Kドン(約300円)。

 

パンプキン、ポテト、人参などのポタージュスープ。

こんな洒落たスープが出て来るとは意表を突かれました。

 

野菜のごった煮みたいな、素朴な田舎料理って感じの

スープが出てくると思っていたのに。

 

メインで注文したカントリーサイド サーモン、250Kドン

(約1,200円)。

 

サパではチャー ホイ サパ(Cá Hồi Sapa)と看板を

掲げているレストランが多く、Cá Hồi =サーモンが

名物料理の一つのようなので注文してみました。

 

実際はサーモンではなく、トラウト(マス)なんだと

思いますが。

 

付け合わせのフレンチフライとサラダ。

 

青パパイヤサラダ、ゴイ ドゥ ドゥかな?

ミントの香りが効いていました。

 

ゴイドゥドゥはタイ人曰く「ソムタムの偽物」ですが、

私はさっぱりしていて癖がない、ベトナム風の方が好み。

 

サーモンにはスパイシーなソースが掛かっていますが、

ピリ辛程度です。

 

 

味は特筆することはないかなあ。

 

地元の名産と言うことで注文しましたが、私はそれほど

サーモンが好きではないので、好みの問題でしょうか。

 

建物は洒落たカフェ風で雰囲気が良く、観光の思い出に

するには良さそうです。

 

私の担当のスタッフは英語も問題なく通じました。

 

サパは観光地のせいか、この店に限りませんが、どこの

レストランも全体的にお値段高めのように感じました。

 

サパ中心部の地図とホテル

サパのホテル・サービスアパート宿泊記

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , , パーマリンク