土鍋おこげご飯 コムニュウ シンガポール KOMBO コンボ ハノイ

アパートを12時にチェックアウトし、荷物を預けて昼食へ向かいます。

グーグルマップでアパート周辺を物色していたのですが、気になるお店を発見していたのです。

でもちょっと遠いんですよね。ざっと見て1.5kmくらいありそう。

この後バスでサパへ向かうのですが、出発が15時なのでまだ時間があるし、ちょうど時間つぶしになっていいかと思い、歩いて行きました。

KOMBO(コンボ)というコムニュウのチェーン店。

コムニュウ(Cơm Niêu)は直訳すると土鍋ご飯という意味で、おこげの香ばしさが売りの料理です。

メニューはベトナム語のみ、確実に意味が分かるコム ニュウ ガー(鶏肉のおこげご飯)の2 Mặt を注文、お値段は69Kドン(約330円)。

コムニュウの各メニューに2 Mặt というのがあり、これはよく分からずに注文しましたが、値段が少し高いので、大盛りなんだろうと。

2人前かなとも思ったのですが、通常(1 Mặt )より10Kドン高いだけなので、それはないか。

後で調べたら、具は同じでおこげご飯が2倍(2枚?)ということみたいです。

レモンジュース、20Kドン。

 

キムチと冬瓜のスープ。キムチは嫌いなので手は付けません。

 

学食とか社員食堂みたいな内装・調度品です。

向こうに写っている店員のおねえさん、私が外国人ということで、色々気を遣ってくれました。

土曜日のお昼過ぎでしたが、かなり繁盛しておりお客さんでいっぱい。

皆さん友達や家族と楽しそうにおしゃべりしている中、「ぼっち」にとっては結構なアウェー感です。

15分ほど掛かって、注文したコム ニュウ ガーが運ばれてきました。

大好きな香港の煲仔飯やマレーシア・シンガポールのクレイポットチキンライスに似てますね。

店名がコムニュウ シンガポールとなっているので、シンガポールのクレイポットチキンライスをヒントにしているのかな?

いずれにせよ美味そうです。

具はチキン、中華サラミ、しいたけ、きくらげ、細切りになっているのはエリンギっぽい。

 

香ばしそうなおこげ。

 

おこげご飯と具を混ぜ混ぜして頂きます。

少しスープをかけて混ぜると、おこげのカリカリとしっとりした2つの食感があって良いかも。

煲仔飯やクレイポットチキンライスに比べると、おこげのカリカリ感が強いですね。私には新鮮な食感です。

ああ、旨かった。

大満足、遠くまで歩いてきた甲斐がありました。

容器は土鍋ではなく、金属製でしたけど。

また是非食べてみたい、お気に入りの店になりました。

私が食べたのはカウザイ区の30 Nguyễn Phong Sắcにある支店ですが(公式サイトの支店欄に記載なし)、ハノイ市内にいくつも支店があります。

ハノイ・カウザイ区の地図とホテル

ハノイ ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク