土地の神様 本頭公を祀る福寿宮 パンガー県タクアパー

 

次はタクアパー川近くにある中国寺院へ。

 

タクアパー旧市街でも観光客はほとんど来ないエリア

と思われ、歩いていると地元住民からの視線を感じます。

 

あ~あ、野良犬が2匹もおるやん。

 

1匹はどこかに去って行ったのですが、もう1匹は

道路の真ん中で寝そべっております。

 

それほど興味のある寺院でもないので、もう行くのは

止めようかという考えもよぎりましたが・・・

 

せっかくタクアパーなんて、もう2度と来ないかも

しれない土地に来たんだしと思い直します。

 

そっと横を通り過ぎたら大丈夫でした。

 

目的の寺院は、サーン チャオ ブン タオ コン アム

(Bung Tao Kong Shrine)。漢字では福壽宮。

 

プンタオゴン=本頭公を祀る廟のはずです。

 

小さなコンクリート造りの建物で装飾もなく、歴史も

趣も感じられない中国寺院ですね。

 

グーグルマップのストリートビューを見て、来る前から

分かっていましたけど。

 

一般的な中華廟は入口に玉皇大帝にお参りする天公爐、

潮州人の多いタイの中華廟では「天地父母」爐ですが、

ここは天官大帝を祀る「天官賜福」と書かれた神位。

 

プーケットタウンやマラッカなどでも商店・民家の

玄関近くで「天官賜福」と書かれた小さな祠をよく

目にします。主に福建人に信仰されているようです。

 

柵が閉めてあり、建物の中には入れないので、外から

見学。

 

中央に祀られているのは本頭公と思いきや、福徳正神

と書かれていますね。

 

手前の香炉には本頭公の文字が。

 

東南アジアでは本頭公と福徳正神(土地公・大伯公)

が混同・同一視される習合現象がよくあります。

 

どちらかが本頭公でもう一方が福徳正神?

それとも2柱共に本頭公=福徳正神でしょうか。

 

左右には天上聖母(媽祖)と

 

観音菩薩。

 

見学は以上、5分で終了。

 

廟の周りには虫よけ・鳥よけのネットが張られています。

 

鳥も掛かってるし。

 

うわっ、干乾びた蝙蝠。

 

チャイナタウンであるタクアパー旧市街の観光名所

と言えば、古いショップハウスの街並みと中国寺院

くらいですね。

 

私はそれが目当てで来たのでいいんですけど。

 

タクアパーの地図とホテル

カオラック ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク