ピリ辛のカオカームー バンコク・ラップラーオ

 

ラチャダーピセーク通りにホテルに泊まることは

めったにないので、夕食はこの辺りで食べようと

思います。

 

食べたい店が2軒あるので、2回に分けて食べる予定。

 

先ずはバーンヤイ パッタイです。

 

ここはミシュランガイドでビブグルマン(星付きでは

ないけれど、コストパフォーマンスの良い食事を

提供する店)として掲載されています。

 

ソイ・インタマラ47にあり、ホテルから直線距離は

近いのですが、大回りする必要があり、徒歩10分近く

掛かりました。

 

水商売・風俗嬢御用達のアパート・LAタワーのすぐ近く、

MRTスティサン駅からは徒歩20分弱掛かります。

 

店の周りのテーブルにたくさんの客が座って待って

います。人気店のようですね。

 

メニューには具の違いなどで何種類かのパッタイがあり、

少し考えてから注文しようとしたら、もう売切れだって。

 

営業時間は16:00~22:30で18時頃には来ているのに

売切れってどういうこと?決して交通の便が良いとは

言えない立地なのに・・・

 

ミシュランガイドに掲載されたせいなのか?

って、私もそれを見て来たんですけど。

 

どうもデリバリーで大量に注文が入っているようで、

周りで待っていたのもほとんどはバイク運転手っぽい。

 

いつもこんな調子なのか、たまたまこの日がそうだった

だけなのか分かりませんが、諦めてホテルに戻ります。

 

ちょっと残念。完全に口がパッタイ食べるつもりになって

いたからなあ。

 

20時過ぎになって、また出かけて行きます。MRTで

ラップラオ駅へ。

 

(営業終了後の?)タクシー用ガススタンドの敷地内で

営業しているカオカームーのお店です。ここはタイ人の

友達に教えてもらいました。

 

お店の正式名称は不明ですが、グーグルマップには

カオ カー ムー パム ガス ラートプラーオ40となって

います。

 

横長にずらっと並べてあるテーブルには結構客がいるの

ですが、全員男性。もくもくと食べています。

 

注文したカーオ カー ムー(猪脚飯)、値段は煮卵を付けて

40バーツ。

 

ここの特徴は「ピリ辛」味なのです。

カオカームーでは珍しいですね。

 

カームー(豚足)は一般的に醤油と五香粉で煮込まれ

スープ・煮汁は焦げ茶色だと思いますが、この店は

オレンジ色をしています。

 

何を使っているのか分かりませんが、ラー油を加えた

ような感じ。

 

カオカームーではなく、カームー(豚足)とご飯を

別皿で注文すれば、色が分かり易かったのですが・・・

 

ピリ辛と言っても、通常のカーオカームーと味が大きく

違うわけではありません。

 

こんな立地ですので、再訪することはおそらくない

でしょうけど、おいしいカオカームーでした。

 

お店の場所は、MRTラートプラーオ駅1番出口から

ラートプラオ通りを東へ約10分、ソイ・ラートプラオ40と

42の間。

 

MRTラートプラーオ駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク