マラッカの中国寺院巡り 天徳宮 観音堂 崇徳宮 華徳宮 青山宮 広福宮

 

最初に三多廟を見学した後もマラッカのチャイナタウン

(旧市街)にある中華寺院(道教寺院)を片っ端から

回ってみました。

 

ジョンカーストリートにある小さな廟の天徳宮。

この廟は1884年にマラッカの富豪・曾西聘により創建され、

青雲亭(チェン・フン・テン寺院)に寄進されています。

 

主祀神は子宝・安産・子育ての女神、註生娘娘。

 

東獄大帝。

仁聖大帝・泰山府君・大山府君とも呼ばれます。

 

虎爺。

 

ジョンカーストリートの一番奥、ジャラン トコンと合流

するところに観音堂。

 

観音堂ですから、主祀は観音菩薩。

 

あごヒゲぼうぼうの神様は文章帝君、学問の神様です。

中国で学問の神様と言えば、北部は孔子ですが、南部では

この文昌帝君がメジャーな存在。

 

厄災の神・太歳星君は十干と十二支を組み合わせた

六十干支、つまり60年間毎年変わる神様の総称で、

今年2019年は己亥で謝太大将軍。

 

 

10干と12支の組み合わせだから120年じゃないかと

思いますが、全ての組み合わせがあるわけではなく、

60周期になるようです。

 

玉皇大帝、太陰星君、太陽星君の三柱。

 

後殿に地蔵王菩薩。

 

観音堂の対面にあるのが崇徳堂。

門が閉まっていたので、入りませんでした。

 

ジャラントコン(Jalan Tokong)を歩いて行き、路地を

入ったところにある華徳宮。

 

温府王爺が主神として祀られています。

福建南部(閩南)や台湾で盛んな王爺(千歳)信仰ですが、

温府王爺は特に屏東県東港鎮や高雄で信仰されています。

 

華徳宮の隣に青山宮。

こちらは1966年創建と比較的新しい廟です。

 

入口に黒面のいかつい像が立っています。

この青山宮の主祭神である張公聖君(法主公)です。

特に福建省泉州周辺で信仰されています。

 

黒い顔なので烏頭法師、黒頭法師とも呼ばれるようです。

片手に剣、もう一方に蛇を持っているのが特徴。

 

中に入ってみましょう。

 

張公聖君の左右には義兄弟的存在の蕭公聖君と洪公聖君。

 

 

観音菩薩。

 

福徳正神(土地公、大伯公)。

 

またジャラントコンに戻って、ジャラン ポルチギスとの

角にあるのが広福宮。1906年頃に創建されたようです。

 

 

中央の主祀神は廣澤尊王。

ということは福建省泉州系の廟です。

 

後殿に回ってみます。

思った以上に小さな廟で、後殿は薄暗く、薄汚れた

印象を受けます。

 

たくさんの神仏が安置されていますが、中央に祀られて

いたのが城隍神。

 

呷坡都城隍と書かれていたのですが、呷坡って

どっこだろう?

 

呷はマラッカ(馬六甲)を意味するような気も

しますけど。

 

虎爺。

 

観音菩薩。

 

これは何でしょう?位牌にしては幅広だし。

 

今回は同郷會館と併せ、ジョンカーストリートを中心に

周ってみましたが、狭い範囲にたくさんの寺院・廟が

あったので、効率的に見学出来ました。

 

少し中心部から離れたところにも中華寺院・廟は

たくさんあるようなので、今度マラッカに来た時に

訪れてみたいと思います。

 

それでは最後にマレーシア最古の仏教寺院と言われる

青雲亭(チェンフーテン)へ行ってみましょう。

 

ジョンカーストリート周辺の地図とホテル

マラッカ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: マレーシア タグ: , , , パーマリンク