威南記 ウィーナムキーで海南チキンライス ジャカルタ・グランドインドネシア

 

昼食に続き、夕食もアパート隣のショッピングモール

グランドインドネシアにやって来ました。

 

すでに食べる店は決めていまして、それがこちらの

威南記(ウィーナムキー)。

 

シンガポールにある海南チキンライス(海南鶏飯)

の名店です。シンガポールの本店で食べたのはもう

7~8年前だったでしょうか。

 

昼食べたキムカツの隣にあったので、威南記が

ジャカルタにも出店していることを知りました。

日本にも3店舗あるんですね。

 

海南チキンライス、バクチョーミー、バクテー

(肉骨茶)などシンガポールの飲食チェーンが

インドネシアに進出しているの目立ちます。

 

同じアセアンの大都市、タイ・バンコクではシンガ

ポール系の飲食店ってあまり見ないですけど。

 

シンガポールとインドネシアは華人でも福建系が

多いという共通点がある為でしょうか。

 

チキンライス(スチーム・蒸し)のセット。

ドリンク付きで59Kルピア(約450円)++

 

セットではなく1/4羽注文して、スチーム(蒸し)

とロースト(焼き)のハーフ&ハーフに出来ないか

聞いてみたのですが、ダメというということで

諦めました。

 

これこれ、鶏肉の角が立っているというのか、

切り口がピシッとしているのが好きなのです。

蒸した(茹でた?)後、冷水に漬けるらしいです。

 

チキンはしっとりしていてうまいです。

 

タイのカオマンガイ、ベトナムのコムガーなど

東南アジア各地にチキンライスはありますが、

私はやっぱりシンガポール式が好きかな。

 

タレは手前からジンジャー、辣油?、チリソース、

青唐辛子の酢漬け?

 

シンガポールのチキンライスで定番のソースは、

ジンジャー、チリ、ドロッとした甘い溜まり醤油の

3種ですが、ここに置いてあるのは少し違います。

 

最初からゴマ油の効いたしょうゆ風味のタレが

掛かっているので、私はあまり使いませんけど。

 

ライス(油飯)もしっかり味が付いています。

 

サンバル カンコン、38Kルピア++

空心菜のサンバル炒め、これもシンガポールの

定番料理です。

 

ピリ辛のサンバルが効いていて美味い。

最初は「辛っ!」と思いますが、後で旨味が

口の中に広がっていきます。

 

豆鼓醤炸魚片、56Kルピア++

揚げた白身魚の豆豉ソース炒め。

 

豆豉(黒豆を発酵させたもの)のソースが大好き

なので、この料理も外れなわけがありません。

 

旅の最後にシンガポールへ行くので、わざわざ

ジャカルタでシンガポール料理を食べなくても

という気もしますが、大満足の夕食でした。

 

お勘定はサービス料5.5%とVAT10%が加算され、

177,600ルピア。これだけ食べて1,400円弱ですから

安いです。

 

お店の場所はグランドインドネシアのイースト

モール3A階。

 

グランド インドネシア モール周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: インドネシア, シンガポール タグ: , パーマリンク