キムカツで牛カツ ジャカルタ・グランドインドネシア

 

ホテルにチェックイン後、隣のショッピングモール

「グランドインドネシア」で昼食にします。

 

目を付けているレストランがあるんですよ。

 

こちらのキムカツです。

 

東京・恵比寿に本店があり、ミルフィーユカツで

有名なとんかつ屋さんですね。

 

この後のバンコクで行こうと思って店の場所を確認

していたら、ジャカルタにも出店していることを

知りました。

 

国教ではないけれど、国民の大半がイスラム教徒の

インドネシアでとんかつチェーンってどうなの?

 

ということで、ジャカルタでも食べてみることに

しました。

 

土曜日だったせいか、13時半近くでも少し行列が

出来ています。

 

しばらくブラブラして戻ってきても、まだ少し

並んでいる人が。夜に前を通った時も行列が出来て

おり、結構人気みたいですね。

 

ウェイティングリストに名前を書いて待っていたら

5分くらいで入れました。

 

やはりというか、メニューは鶏肉(チキンカツ)と

牛肉(ビーフカツ)だけで豚肉はありません。

 

 

チキンもビーフもオリジナル、チーズ、ガーリック、

ネギ、ブラックペッパーの5種類があります。

 

一番安いチキンのオリジナルですと、アラカルト

35Kルピア(約270円)、セット45Kルピア(約350円)

と日本料理店にしては破格の安さです。

 

サービス料6%とVAT10%は加算されますけど。

 

キャベツ用のドレッシング各種にゴマ。

 

ドレッシングの説明書きもあり親切です。

 

ぴよぴよメンチ、25Kルピア。

 

イギリス料理のスコッチエッグですよね。

 

とんかつソースを掛けて食べたら、結構ニンニクが

効いています。

 

ソースではなくて、玉子の周りのメンチ部分が結構

ニンニク風味でした。ニンニク、苦手じゃないけど、

そんなに好きでもないんですよね。

 

ビーフカツのチーズ入りのセット(Rp.65K++)。

 

チーズたっぷりという感じでもなかったです。

 

チキンにすれば良かった。

海外で安い牛肉なんておいしかった試しがない。

チキンの方がまだ無難でしょう。

 

しばらく食べていたら、ごはんに長粒米独特の

臭いがするのが気になってきました。

 

長粒米なのですが粘りはあります。

もち米を混ぜて炊いているのかな。

 

正直言いますと、そんなにおいしくなかった。

値段が安いなりと思いました。

 

この後、バンコクのキムカツでも食べましたが、

やっぱり豚肉の方が圧倒的においしいです。

 

お店の場所は、グランドインドネシアのイースト

モール(東館)3A階。このフロアは繋がっている

ウエストモールと共にレストラン街になっています。

 

グランド インドネシア モール周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , パーマリンク