ホテル呉竹荘 トーニュオム84 ハノイの日系ホテル 旅行記・口コミ・評判

 

ハノイ最終日は、ホテル呉竹荘トー ニュム84

(Hotel Kuretakeso Tho Nhuom 84)に宿泊しました。

 

デラックス キングルーム(デラックスシングル)という

部屋を予約、料金は1泊税・サ・朝食付きで4,352円

(約89万ドン)でした。

 

ロケーションはホアンキエム区のトーニュオム通り、

ハノイタワーまで徒歩5分、ハノイ駅、ハノイ大教会、

ホアンキエム湖まで10分程度。

 

立地は悪いというわけではないですが、どこに行く

にも少し離れているので、微妙なところです。

 

前日泊まったレニッドホテル トー ニュオム

同じ通りでしたが、思ったより離れていました。

 

11階建・全182室、意外とちゃんとした建物で、

それなりの規模のホテルです。

 

ホテルには12時半頃到着したのですが、14時まで

部屋が準備出来ないということで、昼食に出掛けて

時間をつぶします。

 

14時前に戻ってきてチェックイン。

 

部屋は914号室。

部屋に入り最初に感じたのが、「思ったより狭いなあ」。

日本のビジネスホテルに近い感覚です。

 

公式サイトによると、デラックスシングルは広さが

21平米ですが、この部屋はスタンダードシングル

なのでは?という疑念が浮かんできます。

 

洗面台やソファなどいろいろ置いているせいか、

それとも天井が少し低いせいのか、何か圧迫感が

あるんですよね。

 

狭さに加えて、不快感はないですが、新しいという

感じもありません。

 

窓からは・・・非常階段ビュー。

良い景色など特に期待していないので、人さえ

通らなければ問題ないですけど。

 

このクラスのホテルとしては、ベッドの寝心地は

結構良い方で、特にリネン類の質が高かったです。

 

ベッドの角にはゴム製のコーナーガード。

こういうのは日系らしい心遣いですよね。

 

テレビは日系ホテルらしく、NHKワールド(英語放送)、

NHKワールドプレミアム(日本語放送)、NHK G

(NHK総合)の他、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、

TBS、テレビ東京と日本の民放チャンネルがライブで

見られます。

 

(参考)

ハノイ 日本の民放・日本語番組が視聴出来るホテル・サービスアパート

 

テレビの下にソファセットがあるのはどうかなあ・・・

 

ベッドルーム側に流し台・シンクがあるのが珍しい

ですね。横に無料の水、インスタントコーヒー、

ティーバッグなど。

 

冷蔵庫には何も入っていません。

 

ワーキングデスクは充分な広さがあります。

先に泊まった2軒がどちらも狭かったので、ほっと

します。Wifiのアクセススピードも特に不満なし。

 

デスク前やベッド脇を含め、電源コンセントが

たくさんあったのが良かったです。

 

クローゼットにはセーフティボックス、バスローブ、

スリッパ、ヘアドライヤー。

 

バスルームはバスタブ付きです。

 

 

トイレにはINAXの日本式ウォシュレットが

付いています。

 

 

(参考)

ハノイ ウォシュレット・シャワートイレのあるホテル・サービスアパート

 

バスタブは長さが足りず、足を伸ばしてゆったりと

いう感じではありませんでした。

 

お湯の温度・量(水圧)は全く問題ありません。

 

アメニティグッズはポンプ式のボトルに入った

シャンプーとシャワージェル、歯ブラシ・歯磨き粉、

髭剃り、石鹸、シャワーキャップ、綿棒、くし、

サニタリーバッグ。

 

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズ。

 

チェックインの際、朝食は9階と言われたような

気がするのですが、エレベーター内の案内では

朝食会場のレストランは1階となっています。

 

どうせ同じ階だから、9階から見ていくか。

バンコク行きの便が9時過ぎなので、開始時間の

6時に食べに行きます。

 

9階のエグゼクティブラウンジと書かれたところが

朝食会場となっていました。

 

ビュッフェスタイルなのですが、料理の数はあまり

多くない。

 

 

そして団体ツアー客と思われる中年~年配の

日本人グループが大挙してやってきた上に、元々

部屋自体も狭いので、ものすごい混雑でした。

 

団体ツアーで朝早くから観光に出かけるのでしょう。

タイミングが悪かったですね。

 

もしかしたら日本人宿泊客だけ9階に集めたのかな?

 

一応席は確保出来たのですが、料理を取るのも

たいへんだし、落ち着いて食べるという感じでも

全くなかったので、とっとと食べて退散しました。

 

全182室とそれなりに客室数もあるので、こうした

団体ツアー客も受け入れる必要があるのでしょう。

 

私が泊まった時は見かけませんでしたが、ネットの

口コミなどを読むと、日本人のみならず中国人の

団体客も多そうです。

 

地下3階にいくつかの館内設備があるのですが、

エレベーターをB1階で乗り換える必要がある

ので面倒臭いです。

 

小さなフィットネスジム。

 

セルフランドリー(洗濯機・乾燥機)が無料で

24時間利用可能です。

 

大浴場の更衣室のような場所に置いてあるので、

湯気でかなり湿っぽく、もわっとしています。

 

(参考)

ハノイ コインランドリー・洗濯機があるホテル・サービスアパート

 

こちらが大浴場(中浴場?)。

 

 

サウナもあります。

 

ハノイには日本人をターゲットに、こうした

大浴場のあるホテルは結構あっても、多くが男性用

のみですが、このホテル呉竹荘トーニュオム84は

女性用も別にあります。

 

女性用の大浴場内にも洗濯機・乾燥機やサウナが

設置されているようです。

 

日系ホテルとして、ウォシュレット、バスタブ、

日本の民放テレビなど基本を押さえていますが、

一番の特徴はこのセルフランドリーでしょう。

 

個人的にも洗濯機目当てで予約しました。

ハノイにはセルフランドリー・コインランドリーの

あるホテルはまだまだ少ないです。

 

部屋は特別良いとは思いませんが、お手頃な料金

からすれば設備などは充実していますし、贅沢は

言えません。

 

特に日本人向け設備・サービスを求める方には

良いホテルではないでしょうか。

 

こうしたホテルは、出張者・ビジネスマンを主な

ターゲットとし、バディン区とハイバーチュン区に

集中していますが、観光客の多いホアンキエム区に

あるこのホテルは貴重な存在です。

 

ホテル呉竹荘 トー ニュム84 ハノイの客室タイプ・料金を調べる

ハノイ その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ハノイ駅周辺の地図とホテル

ハノイ 日系ホテル・日本式ホテル

 

Related Post

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク