チェリーホテル1 ハノイの日系ホテル 旅行記・口コミ・評判

ハノイでは先ずチェリーホテル1(Cherry Hotel 1)に2泊しました。

スイートという部屋を予約、料金は1泊税・サ・朝食込みで5,304円(約109万ドン)。

立地はハイバーチュン区のゴー ティー ニャム通り、外国人観光客からすれば、ホテル周辺にこれといったものは何もありません。ホテルを出て左手に進み、ホアマー通りで左折した先にコンビニのビンマート(VinMart)はあります。徒歩2分程度です。

他に日本食レストランや日本人向けカラオケ店などがポツポツあるハノイの日本人町の一つ、トンニャット公園(統一公園)の東側、ビンコムセンター・バーチェウ店周辺の繁華街までは徒歩5~10分です。

ベトナムの安~中級ホテルでよくある、間口の狭い細長い建物、全30室のこじんまりしたホテルです。

部屋は601号室。

スイートと言っても広さは29平米なので、スーペリア(25平米)やデラックス(27平米)より多少広い程度。

以前もホテルだった建物を2017年にリニューアルオープンしたようで、外観は古いわりに、部屋の内装・家具は新しかったです。

チェリーホテル1も以前は別の場所で営業していたのですが、この建物に移転して来たようです。

小さなバルコニー(ベランダ)がありましたが、ドアに鍵が掛かっていて、外に出られませんでした。

ベッドの寝心地はごく普通。

 

広いというほどではないですが、スーツケースも全く問題なく広げられるし、一人には充分でした。

 

こういう木製のテーブルとイスって、ベトナムのホテルではよく見ますね。無料の水、インスタントコーヒーなどが置いてあります。

 

スペース的には余裕があるのですが、デスクは小さくて使い勝手は今一つでした。

またWifiでウェブサイトへアクセスするとエラーが頻発し、再度クリックすると繋がるという現象が続き、この点は不満でした。

クローゼットにはセーフティボックスとバスローブ。

 

テレビはNHKワールド(英語放送)、NHKワールドプレミアム(日本語放送)、NHK G(NHK総合)の他、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京と日本の民放チャンネルがライブで視聴可能です。

(参考)ハノイ 日本の民放・日本語番組が視聴出来るホテル・サービスアパート

 

テレビ下のサイドボードにポット、ウェルカムフルーツのバナナとお菓子(チョコパイ)が置いてありました。冷蔵庫には若干のミニバーが入っています。

 

スリッパと靴ベラ。

 

バスルームも比較的余裕のある作りです。

 

洗面台周りが広くて、色々物を置けるのが良いです。

洗面台の脇に固定式のヘアドライヤー、下にはバスルーム用のスリッパが置いてありました。

トイレはINAX製の日本式ウォシュレット付きです。

(参考)ハノイ ウォシュレット・シャワートイレのあるホテル・サービスアパート

 

こういう形状のバスタブは、ベトナムの中級ホテルでよく見ます。バスタブはそれほど広くなく、ゆったりという感じではなかった。

お湯の出が若干悪かったです。

アメニティグッズはシャンプー、バスフォーム、石鹸、歯ブラシ・歯磨き粉、シェービングキット、綿棒、シャワーキャップ、くし。

タオル類はバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルと3サイズ揃っていました。

朝食は9階のレストランにて。8階までエレベーター、1階分は階段で上ります。

ビュッフェスタイルですが、料理の数は少ない。小規模なホテルですし、こんなものですかね。卵料理やフォー、ブンなどの麺料理は注文すれば作ってくれます。

 

個人的にはサラダ(野菜)とフルーツがあったので良かったです。右上に写っているケム カラメン(ベトナム風プリン)がおいしかった。

 

日本食としては白いご飯に味噌汁、梅干し。

 

納豆、漬物など。

1時間だけセットメニューを提供する時間帯があったので(日曜日はセットのみのようです)、2日目はこちらにしてみました。

和食・洋食・ベトナム料理・お急ぎメニューの4種類があって、私は和食を選択。

焼き魚以外は、ビュッフェの中に含まれているものばかりで、あまり変わり映えしませんでした。

セットメニューを注文しても、ビュッフェの料理を食べて良いのかな?

聞いて(食べて)ませんが、出てくるのを待っている間、スタッフは「ビュッフェの方もどうぞ」って雰囲気でした。

館内設備としては、レストランと同じ9階に小さなフィットネスジムがあります。

 

男性用だけだったと思いますが、大浴場(中浴場くらい?)。

 

大浴場の中にサウナもあります。

スタッフはこちらが聞いたことを一生懸命調べてくれる等、ホスピタリティが高く、好感が持てました。

ハノイ周辺への日系企業の進出に伴い、ハイバーチュン区とバーディン区を中心にこうした日系或いは日本式サービスを提供するビジネスホテルが増えてきました。

このチェリーホテル1も、ウォシュレット、日本の民放TV局視聴可、大浴場、和食の朝定食など基本を押さえていますね。

私はそうでもないですが、こうした日本式の設備・サービスを求められている方には、選択肢の一つになるのではないでしょうか。

個人的にはコインランドリー(洗濯機)があれば更に良かったと思います。

外観は今一つ冴えませんが、部屋はまだ新しくてきれい、スタッフの感じも良かったので、今回の料金程度なら満足です。

但し、ハノイへ観光目当てで来る場合は、もっと観光名所に近いロケーションのホテルの方が便利だと思いますので、出張者・ビジネス客向けでしょうか。

チェリーホテル1の客室タイプ・料金を調べる

ハノイ その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ビンコム ショッピングモール バーチェウ店周辺の地図とホテル

ハノイ 日系ホテル・日本式ホテル

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク