ANA エアバスA321neo 伊丹・羽田線 搭乗記・口コミ・評判

 

今日から1月の旅行記に入ります。

 

かなり前に、いつもの通り東京発着で航空券を

予約していたのですが、急遽東京から引っ越しする

ことになりました。

 

キャンセル・変更不可の航空券なのでどうする

ことも出来ません。

 

それでも大阪発着で新たに買い直すより、東京への

交通費往復+ホテル代の方がまだ安かったので、

そのまま東京発着で行くことにしました。

 

先ずは東京への移動です。

 

伊丹空港に到着後、先ずは「KIX-ITMカード」を

受け取ります。

 

これから海外旅行は関空発着となるのであれば、

作っておいた方がいいよと教えてもらったので、

事前に申し込んでいました。

 

あまり時間に余裕はないので、荷物を預け、

すぐに保安検査場を通過し、搭乗ゲートへ。

 

伊丹・羽田間はたくさんの便があるのですが、

どうせならということでANAのエアバスA321neoが

使用機材になっているNH022便にしました。

 

ANAのエアバスA321NEOは一昨年9月から導入

されています。

 

私は非常口席の11Hを座席指定していました。

 

前方にプレミアムクラスが2-2の2列で8席あり、

エコノミークラスは3-3の配置でABC-HJKの番号が

付いています。

 

搭乗時、プレミアムクラスに女優の秋野暢子さん、

エコノミークラスの前方に経済評論家の森永卓郎さん

を発見しました。

 

非常口席なので足元は余裕の広さ。

 

窓側の11K席は、前方に客室乗務員用の席が向かい

合わせにあるので、足を伸ばすのが多少ためらわれる

かもしれません。

 

と言っても、CAさんが着席するのは、離着陸時くらい

ですが。

 

全194席に対し、客室乗務員は4名だったと思います。

 

通路を挟んで向こう側(12列目)は、パーテーション

(バルクヘッド)がありますので、非常口席扱いには

ならないのかな?

 

そしてANAのエアバスA321NEOの最大の売りは、

国内線でも機内エンタメ用パーソナルモニターが

設置されていることでしょう。

 

機内安全ビデオは歌舞伎で日本をアピール?

 

非常口席の場合、前の座席が遠いので、足元の脇

(アームレストの下あたり)にモニターが収納

されています。

 

エンタメプログラムに映画はなかったと思いますが、

ビデオはたくさんあり、わずか1時間程度のフライト

なのがもったいない。

 

日本国内線ではスターフライヤーが全席に個人モニター

を設置していますが、プログラムの充実度ではANAの

方に軍配が上がると思います。

 

非常口席ですので、アームレストに収納されたテーブル

を引っ張り出してみます。

 

ドリンクサービス。

 

何のハプニングもなく、羽田空港に到着。

この日は東京に泊まり、明日から実質的な旅の

スタートとなります。

 

大阪 伊丹空港周辺の地図とホテル

大阪のホテル

東京のホテル

 

カテゴリー: 日本 タグ: , , パーマリンク