長崎ちゃんぽん リンガーハット ベトナム1号店 ホーチミン・ベンタイン市場近く

 

飛行機が30分ほど遅延して、ホテルにチェックイン

出来た時には21時を過ぎていました。

 

荷物だけ部屋に入れて、すぐに夕食へ向かいます。

レセプションの女性も「えっ、もう外出?」みたいな

顔をしていました。

 

事前に調べて目を付けていた近くのバインダークア

のレストランへ行こうと思います。

 

が、店が見つからず・・・もしかして閉店した?

場所を勘違いしていたことが後で分かります。

 

仕方がないので、明日の昼食で行く予定にしていた

「長崎ちゃんぽん リンガーハット」に行き先変更。

 

リンガーハットは、8月にベトナム1号店をオープンした

ばかりなのです。

 

ああここですね、意外とこじんまりしたお店です。

以前来た、丸亀製麺のすぐそば。

 

1階はキッチンがあるので狭く、カウンターがメイン。

2階にテーブル席があるようです。

 

メニューはこちら。

 

 

この「野菜たっぷりちゃんぽん」を注文しました。

リンガーハットには、野菜が食べたくて来たと言っても

過言ではありません。

 

お値段は150Kドンが、オープニングのプロモーション

なのか130Kドンになっていました。

 

一番ベーシックな長崎ちゃんぽんと長崎皿うどんは

90K  → 80Kドン。

 

出て来たら、なかなかのボリュームです。

 

野菜の山が崩れそう・・・

 

ショウガ風味のドレッシング?が付いていました。

酸味の効いたさっぱりした味でなかなか良い。

 

これは野菜に掛けるんだよね。

それともスープに混ぜるの?

 

野菜の大半を片付けてから、麺に取り掛かります。

麺は硬めで悪くない。

 

スープがあっさりやさしい味で、それが売りでも

あると思いますが、逆にパンチに欠けるんですよね。

 

特に濃い味が好きってわけでもない私でさえ、

ちょっと物足りないかなという気がします。

 

ベトナム人の好みはどうなのでしょう?

 

ふと箸袋を見ると、エースコックのロゴが。

 

帰ってから調べますと、エースコック(ベトナム)が

フランチャイジーとして、ベトナムのリンガーハットを

経営しているんですね。

 

エースコックはベトナムの即席麺で市場シェア50%超

と言われています。

 

リンガーハットで使う麺も、エースコックベトナムの

自社工場製なのかな。

 

そろそろお勘定してホテルに帰りますか。

 

持って来た伝票を見ると・・・

 

140Kドンになってますやん。130Kじゃないの?

 

よく見ると注文も2品になっています。

完全に他の客の伝票と間違っています。

 

こちらが正しい伝票。

VAT10%が加算されて、143Kドン(約690円)。

日本では税込み777円みたいです。

 

お茶は無料でした。

 

味はリンガーハットの長崎ちゃんぽんであって、

ベトナムだからってほとんど違いはありません。

 

お店の場所は、ベンタイン市場の少し西側にある

チュンディン通り(Troung Dinh St.)、ヒンドゥー寺院・

スリマリアマン寺院の目の前。

 

ベンタイン市場周辺の地図とホテル

ホーチミン ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク