フィリピン航空PR300便 マニラ・香港線 エアバスA330-300 旅行記・口コミ・評判

マニラ・ニノイアキノ空港で2時間半ほど待って、次はフィリピン航空PR300便で香港へ向かいます。

使用機材はエアバスA330-300でした。

予約時に使用機材は「332」となっていました。

ネットで調べても、フィリピン航空の保有機材にエアバスA330-300(333)はあっても、A330-200はないんだけど・・・どんな機材かよく分かりませんでしたが、結局エアバスA330-300。

332の2は2クラス制の意味なのかな?

フィリピン航空は今年初めてスカイトラックス社に4スターエアラインと認定されました。次は5つ星を目指すそうです。

 

エコノミークラスの座席配置は3-3-3です。ざっと見た感じ、7割くらいしか埋まっていません。

 

私の座席は60K、横と後ろにトイレがあり、ここは3席ではなく、2席並びになっています。

最近改修したのか、水色のレザーシートはわりと新しい感じで、印象は悪くないです。

日本線に投入されているエアバスA330-300には改修後に機内エンタメ用のパーソナルモニターも設置されたようですが、この機材にはなかったです。

マニラ・香港線という2時間ちょっとの近距離路線なので、仕方ないですかね。

フィリピン航空のマニラ・香港線って、香港でメイドとして働くフィリピーナ御用達って印象もあったのですが、最近はセブパシを利用するのかな?

シートピッチは31インチ(約79cm)のようです。

 

いつもは通路側の席にするのですが、飛行時間も短いし、窓側にしてみました。結局、隣の通路側は空席でしたけど。

 

フライトアテンダントのユニフォームは紺のスーツにスカーフというお堅い感じ。企業の受付嬢みたいな。

今回の旅では、ここまでフィリピン航空に国内線含め4区間乗り、CAさんには良い印象を持っていましたが、この便のCAさんは無愛想・がさつでイマイチでした。

水平飛行になって、すぐに機内食の時間です。

ポーク&ライスかソーセージ&ハッシュドポテトの選択肢で、私はポーク。

 

ご飯はガーリンクライスでした。

そういえば、マニラ・バンコク線、シンガポール・マニラ線では出た食後のアイスがなかったです。どういう基準なんだろう?

あっという間に香港国際航空に到着。隣も空席で快適なフライトでした。

前回フィリピン航空を利用したのは11年前ですが、その時はビジネスクラスだったので、エコノミークラスは初めてかな?

その前のセブは香港経由のキャセイパシフィックで行ったのは間違いないけど、更に前のマニラへ行った時はフィリピン航空だったかも。もう25年位前なので、はっきりした記憶がありません。

フィリピン航空というと、口コミ・評判を見ても、あまり良いイメージはなかったのですが・・・

今回、国内線を含め計5区間利用してみて、そんなに言うほど悪くはない、今後も安ければ躊躇なく利用すると思いました。それほど安くないですけどね。

提携しているANAのマイレージが付く予約クラスでしたが、6月14・16・19日に搭乗した分は7月5日、6月24日の2区間分は7月21日に加算されました。

その他のフィリピン航空の搭乗記を見る

海外航空券なら安心のHIS系 サプライス

マニラ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

香港 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: フィリピン, 香港 タグ: , , パーマリンク