ラワグからサン アグスチン パオアイ教会へジープニーでの行き方・乗り場

 

翌日は早起きし、まずは世界遺産に登録されている

サン オウガスチン教会(通称 パオアイ教会)に行きます。

 

ラワグ(ラオアグ)からビガンへ行く途中で、パオアイに

寄る方が効率的なのですが・・・

 

スーツケースを持って、ジプニーに乗り込んだり、教会を

見学するわけにもいかず、またラワグに戻って、ホテルを

チェックアウト後、改めてビガンへ向かうことにしました。

 

ラワグ(Laoag)からパオアイ(Paoay)まではジプニー

1本で行けます。

 

バスの場合、ラワグ~ビガンの途中にあるバタック(Batac)

まで行き、バタック・パオアイ間はジープニーかトライシクル

を利用することになります。

 

イロコスノルテ州の州庁舎(キャピトル)の北西の角に

ジプニーステーション・乗り場があります。ホテルから

徒歩わずか2分。

jeepney_laoag_paoay_1

 

ここからパオアイを含め、様々な場所へのジープニーが

出ています。

 

「パオアイ、パオアイ」と声を出しながら歩いていると

誰かが指さして教えてくれました。

 

車体の横にも行き先は書いてあります。パオアイ行きは

バタック経由なので、Laoag-Batac-Paoayと書いてあるはず。

 

乗り込みますと、先客は4人ほど。私は終点近くだろうから

一番奥に座りました。後方の出入口近くから席は埋って

いきます。

jeepney_laoag_paoay_2

 

どうせ満員近くにならないと出発しないんだろうな・・・

 

座席は向かい合わせの2列。タイのソンテウ(タイ語で

2列の意味)と同じような構造です。

jeepney_laoag_paoay_3

 

片側に7人、いや8人、おっとまだ座りますか。

おばさん、そんな巨大なケツ入る?

 

結局9人座り、隣の若い女性が浅く腰掛けて、はじき

出されたような感じになっていました。

 

20分ほど待って出発。

 

車内に掲示されていた料金表。

jeepney_laoag_paoay_4

 

降りる場所はルート上ならどこでもいいのかな?

よくシステムが分かりません。

 

ブザーはなく、天井などをノックするでもなく、

声を出して降りる意思表示をしていました。

 

料金は後ろの方から客がリレーして運転手に渡し、

お釣りはその逆ルートで戻っていきます。

 

料金を払うタイミングに特に決まったルールはない?

乗ってわりとすぐに払う人もいれば、降りる直前に

払う人もいるし。

 

始発から乗ると、発車前に料金徴収されることもあり、

そのタイミングで払うケースも。

 

私は40ペソ払ったら、6ペソお釣りが戻ってきたので、

パオアイ教会までの運賃は34ペソのようです。

 

ラオアグからずっとマッカーサーハイウェイ(国道2号線)

を南下していきますが、バタック(Batac)の手前から

ワシントンストリートに入り、バタック市街地を通ります。

 

その後はマルコスアベニューに入って西に向きを変え、

パオアイまでずっと真っ直ぐというルートです。

 

ジープニーが右折して西に向かい始めたので、そろそろ

ですね。ちゃんと降りられるかな?

 

隣のおじさんに「パオアイチャーチ?」と聞いてみると

もう少し先だと。

 

聞いてみたというより、「私はパオアイ教会で降りますよ

(誰か教えてね)」アピールですけど。

 

おじさんは私より先に降りたのですが、運転手に

「この人、パオアイ教会で降りるから」みたいなことを

言ってくれていました。

 

パオアイ教会にはラワグから約40分で到着。

同じ場所で降りたおばさんが、あっちに行くのよと

教えてくれます(いや、もう教会見えてますから)。

 

パオアイ教会の見学が終わり、今度は帰りです。

 

適当に歩いてみましたが、ジープニー乗り場が分からず。

近所の2人に聞いてみましたが、言うこと違うんですよ。

 

結局、トライシクルの運転手に教えてもらいました。

空き地みたいなところにジプニー数台が停まっています。

jeepney_laoag_paoay_5

 

まだ2~3割しか埋まっていませんが、私が乗り込んで

すぐに出発しました。

 

パオアイ発だと満席は難しいのかな?

 

ラワグ市内に入り、ここが終点だと言われ降車。

行きに乗ったジープニーステーションとは違います。

jeepney_laoag_paoay_6

 

料金は行きと同じ34ペソをぴったり払いましたが、

特に何も言われず。34ペソで正解なんでしょう。

 

少し歩いたら、場所の見当がつきました。

 

今回ラワグ~パオアイ教会をジプニーで往復しましたが、

乗降場所をまとめると下記の通りです。

 

(1)ラワグのパオアイ行きジープニー乗り場

イロコスノルテ州の州庁舎の北西。ジェネラル アントニオ

ルナ通りとV.ランズ通りの角にあるジプニーステーション。

 

(2)パオアイ教会近くの降車場所

バタックからマルコスアベニューを西に進み、パオアイ教会の

手前で左折します。左折して100mほど先、教会のすぐ裏手。

 

(3)パオアイ教会近くのラオアグ行きジープニー乗り場

マルコスアベニュー沿い、パオアイ教会からバタック方向

(東方向)へ200mほど行ったところ。

 

グーグルマップを拡大すれば「タクシー乗降場

(Laoag-Batac-Paoay Terminal)」と掲載されています。

 

(4)ラワグでのジープニー降車場所

(1)のジプニーステーションの南西すぐ近く(南にも西にも

道1本違い)、J.P.リサル ストリートとバリンタワック通り

との角、BANK OF THE PHILIPPINE ISLANDS(BPI)の前。

 

イロコスノルテ州庁舎周辺の地図とホテル

ラワグの地図とホテル

サン オウガスチン教会(パオアイ教会)周辺の地図とホテル

パオアイのホテル

 

カテゴリー: フィリピン タグ: , , , , パーマリンク