アンディン宮殿 安定宮 フエ観光

 

この日はフエからダナン経由で香港へ向かいます。

 

ダナンへは10:35発の列車に乗るので、あまり時間は

ないのですが、アンディンパレスだけ行くことに

しました。

 

昨晩の夕食がまだボディブローのように効いているので、

朝食は後にして出掛けることにしました。

 

ホテルからフンボン通り( Hùng Vương通り)という

大通りに出て、ずっと歩いていきます。

 

フエの中心街って思っていたより都会なんですよね。

こんな高層ビルもあり、「古都」フエのイメージが狂います。

vincom_plaza_hue_1

 

後で調べたら、ビンコムプラザ・フエでした。

 

ベトナムのビッグCは、タイのセントラルグループが

2年ほど前に買収したんですよね。

big_c_hue_1

 

元々ビッグCはタイでセントラルグループが創業した

のですが、紆余曲折あって現在タイのビッグC事業は

別のグループ傘下です。

 

フンボン通りから、アンクー川沿いの通りに入って

しばらく歩いているとアンディン宮殿に到着しました。

an_dinh_palace_1

 

漢字では「安定宮」と書きます。

an_dinh_palace_2

 

オープンの7時に合わせてやってきたのですが、

7時を過ぎても門が開いていません。西側にある門も

やはりダメ。

 

全く適当だなあ、スタッフが遅刻かよなんて思って

いたのですが、一番東側にも入口があり、ここが開いて

いました。入場料は2万ドン。

an_dinh_palace_3

 

パンフレットや館内の説明には、アンディンパレス

ではなく、アンディンレジデンスと書かれていました。

 

アンディンレジデンスは、1902年から皇太子時代の

カイディン帝(啓定帝)の離宮となり、その後皇帝となった

カイディン帝はフランス風建築に改装し、後にバオダイ帝

(保大帝)となる息子に譲ります。

 

正面の東屋にあるのはカイディン帝の像。

an_dinh_palace_4

 

メインの建物は啓祥樓という名称です。

an_dinh_palace_5

 

中に入ってみましょう。

an_dinh_palace_6

 

an_dinh_palace_7

 

an_dinh_palace_8

 

an_dinh_palace_9

 

こちらはグエン朝最後の皇帝、バオダイ帝(保大帝)。

an_dinh_palace_10

 

an_dinh_palace_11

 

an_dinh_palace_12

 

2003~2008年にドイツの支援で改修が行われています。

an_dinh_palace_13

 

an_dinh_palace_14

 

an_dinh_palace_15

 

an_dinh_palace_16

 

an_dinh_palace_17

 

啓祥樓のバルコニーから裏手を望む。

an_dinh_palace_18

 

裏側は傷みが出てきていますね。

an_dinh_palace_19

 

an_dinh_palace_20

 

バオダイ帝の在位期間は1926~1945年(12~31歳)、

亡くなったのは1997年ともう現代の方なんですよね。

an_dinh_palace_21

 

an_dinh_palace_22

 

バオダイ帝妃のナンプーン皇后(南芳皇后)ではないかと。

an_dinh_palace_23

 

関口俊吾という日本人画家が描いたものです。

an_dinh_palace_24

 

an_dinh_palace_25

 

an_dinh_palace_26

 

an_dinh_palace_27

 

朝早かったせいか、それほど人気がある観光名所では

ないのか、私以外には誰も見学客はいなかったので、

ゆっくり落ち着いて見学出来ました。

 

アンディンパレス周辺の地図とホテル

フエのホテル

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , , パーマリンク