台南北極殿で神事に遭遇

 

再發號肉粽で食事の後、台南寺院巡りのスタートです。

 

まずはすぐそばの臺南北極殿から。

 

北極殿は北方を守護する玄天上帝(玄武とも言います)を

祀る道教寺院です。

beiji_temple_tainan_1

 

beiji_temple_tainan_2

 

正殿にはたくさんの人が集まっています。

beiji_temple_tainan_3

 

何かの儀式・神事のようなことが行われていますね。

beiji_temple_tainan_4

 

漢服のような衣装「道袍」を着ているのが、儀礼を

司る「道士」と呼ばれる神職です。

 

うわっ、ニワトリが連れて来られましたよ。

beiji_temple_tainan_5

 

ニワトリの運命は分かりますよね。

 

きっと予想通りの結果になるだろうと思って見ていた

ところ、人が邪魔になって見えませんでした。

 

もう鶏は居なくなっています。

 

儀式が続きます。

beiji_temple_tainan_6

 

鏡に筆で文字を書き入れていまして(真似だけ?)、

その鏡で日光を反射させて神像に当てる?

beiji_temple_tainan_7

 

通常立派な姿で安置されている神像ですが、

体の部分はかなりちゃちな作りです。

beiji_temple_tainan_9

 

beiji_temple_tainan_10

 

何か紙を燃やして、神像を揺すっております。

beiji_temple_tainan_11

 

この後、信者の人たちが、神像の衣装や飾りを付けて

いたのですが、まるで着せ替え人形ですね。

 

頭・顔は立派ですが、体は骨組みみたいな・・・

見なきゃよかった。

beiji_temple_tainan_12

 

beiji_temple_tainan_13

 

どういった儀式かよくわかりませんでしたが、

玄関のところに開光、啟霊と書いてありましたので、

仏教でいうところの開眼・入魂式みたいなものかな。

 

バンコクの道教寺院でこんな衣装が掛けてあって、

何だろうと思っていたのですが、こうした神事の際に

道士が着るものだったんですね。

beiji_temple_tainan_14

 

ちょっとぽっくり風の靴。雲履と言うそうです。

beiji_temple_tainan_15

 

ああっ、やっぱりさっきの鶏・・・

beiji_temple_tainan_16

 

2羽いまして、1羽は既にぐったりお亡くなりになって

いるようです。もう一羽は予備?それともこの後にやはり

同じ運命になるのでしょうか?

beiji_temple_tainan_17

 

これが主祀の玄天上帝神像。

beiji_temple_tainan_18

 

儀礼で使われていた鏡。

やはり文字は最初から入っていて、筆で書く振りだけ

していたっぽいです。

beiji_temple_tainan_19

 

この蛇は何でしょう?

beiji_temple_tainan_20

 

玄天上帝は亀と蛇で表現されることもあるらしいので、

それと関係あるのかな。

beiji_temple_tainan_21

 

まだ儀式は続くようでしたが、次に行きましょう。

 

意味はよく分かりませんでしたが、貴重な体験でした。

 

おそろいのシャツを着た信者の方たちも、皆さん

スマホで画像撮影しまくっていたので、私も気兼ねせずに

撮影出来て良かったです。

 

台南北極殿周辺の地図とホテル

台南 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク

1 Response to 台南北極殿で神事に遭遇

  1. ピンバック: 陳氏の祖先を祀る陳徳聚堂 台南 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。