林天生肉燥飯 魯肉飯(滷肉飯)と肉燥飯の違い 高雄・鳳山

 

予定外にアーリーチェックイン出来たので、ホテルで

15時過ぎまで休みます。

 

私が高雄に滞在していた頃は、1月なのに結構暑かったん

ですよね。昼間で26~28℃くらい、気温はそれほどでも

ないのですが、日差しが結構強く、一番暑い時間帯を

避けられたのは良かった。

 

この日の午後は鳳山区に行く予定でした。

 

MRTで高雄車站から美麗島、そこで乗り換えて行くつもり

だったのですが、台鉄・鳳山駅があることを発見しました。

MRTの駅からは少し離れていますが、目的地までは大差なし。

 

高雄駅からなんと1駅です。

MRTで行っていたら、8駅(鳳山駅)か9駅(大東駅)も

あるのに。

 

私にとっては画期的な発見でした。

 

台鉄・鳳山駅に到着後、まずは曹公廟へ。

 

興味はほとんどなかったのですが、通り道にあったので

寄ってみただけです。

cao_gong_temple_1

 

cao_gong_temple_2

 

曹公廟というくらいですから、曹公が主祀神として

中央に祀られています。

cao_gong_temple_3

 

曹公とは三国志に出てくる曹操のことかと思って

いましたが、全く違う人でした。

 

もっと新しい19世紀の清代に鳳山県の知縣(県知事)を

務め、用水路・灌漑設備の整備に功績があった「曹謹」と

いう人を祀っています。

 

曹公の向かって左に土地の神様の福徳正神、

cao_gong_temple_4

 

向かって右に子宝・安産・子育ての女神の註生娘娘。

cao_gong_temple_5

 

典型的な福建系寺院の配祀神です。

たまにメインの主祀神なることもありますが、基本的には

名脇役といった神様です。

 

曹公が整備した用水路「曹公圳」。

cao_gong_temple_6

 

cao_gong_temple_7

 

台湾の道教寺院はどこに行っても参拝客や係員が

たくさんいて、ゆっくり見学するような雰囲気ではない

のですが、この曹公廟は珍しく誰もいませんでした。

 

次は鳳山城隍廟と鳳儀書院に行く予定だったのですが、

お腹が空いてきたので、林天生肉燥飯を先にします。

 

MRT鳳山駅の2番出口のすぐ横の中華街という通りに

やって来ました。夜は中華街観光夜市となります。

 

道路自体はきれいに整備されているのですが、古いのか

薄汚れた印象の店が多いんですよね。

zhonghua_street_night_market_1

 

zhonghua_street_night_market_2

 

林天生肉燥飯に到着。

鷄肉飯も有名みたいで、林天生雞肉飯と書いているウェブ

サイトもあります。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_1

 

壁とか結構汚れてますよね。他の国で免疫はありますけど、

台湾にしたら汚い店だと思います。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_2

 

注文したのはこちらの4品。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_3

 

魯肉飯(滷肉飯)・・・ではなく、高雄など南部では

肉燥飯と言います、25元。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_4

 

ネットで検索すると、魯肉飯(滷肉飯)と肉燥飯の違いと

いうページがいくつも出てきますね。

 

私の認識は、

 

魯肉飯(滷肉飯)=台北など台湾北部の呼び方

肉燥飯=高雄など台湾南部の呼び方

 

ですが、

 

使われる肉の部位や味付けが違うという記述もあります。

 

部位の違いを主張する人は、魯肉飯(滷肉飯)は脂身が多い、

肉燥飯は赤身と書いていることが大半なのですが、上の画像を

見て頂くと分かりますが、肉燥飯でかなり脂身があります。

 

ですので、私は「部位の違い」説はあまり納得出来ません。

 

他に魯肉飯は肉が賽の目状、肉燥飯は肉がミンチ状とか

書いてあるのですが(逆の記載もあり)、これも部位の違いと

同じく、店によって違うだけという気がします。

 

魯肉飯or肉燥飯、名前はどちらであっても私の大好きな

料理に変わりはありません。

 

で、こちらが南部で言う魯肉飯(滷肉飯)、30元。

豚の角煮みたいなのが乗っていて、台北など北部では

焢肉飯(爌肉飯)って言いますよね。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_5

 

どちらも肉の味付けはおいしかったのですが、コメが

イマイチでした。

 

脆筍、20バーツ。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_6

 

ここのはメンマが厚切りでコリコリと歯応えが良く、

結構気に入りました。

 

油豆腐、5元。

lin_tian_sheng_rou_zhao_fan_7

 

この鳳山・中華街には他にも美味しい店があるようですが、

外国人観光客が泊まるエリアからは少し離れていて、

滞在中何度も行くという立地ではないんですよね。

 

MRT鳳山駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク