マレーシア航空MH783 バンコク・KL線 エアバスA330-300

いよいよバリ~クアラルンプール~バンコクの旅も帰国の時となりました。

夕方の便なので、ホテルをチェックアウト後、荷物を預け、台湾式マッサージ店で足裏マッサージ+全身マッサージ+かっさをやってもらいます。

マッサージが終わっても、時間に余裕があったので、BTS+エアポートレールリンクでスワンナプーム空港に向かいました。

先ずは17:05発のマレーシア航空MH783便でKLへ。次の18:40発MH775便でもクアラルンプールでの乗換は問題ないのですが、余裕を持って早い便にしました。

使用機材はエアバスA330-300。

mh783_nov2017_1

マレーシア航空の場合、近距離路線はナローボディ機のボーイング737が一般的で、この便も予約時はそうだったのですが、機材変更でワイドボディ機のエアバスA330へ。

今回は成田・KL往復、KL・デンパサール、バンコク・KLと4区間全てエアバスA330-300になりました。

機材到着遅れにより出発が17:05→17:25にディレイし、直前にゲートも変更されました。何度か利用した限りではマレーシア航空って遅延が多いイメージがあります。

座席は9Kを指定しました。

mh783_nov2017_2

 

エコノミークラスの座席配置は2-4-2なのですが、最前列のいわゆるバルクヘッド席の窓側です。

mh783_nov2017_3

 

真っすぐ伸ばすと若干膝が曲がるくらいですが、少し斜めにすると完全に脚を伸ばせます。

mh783_nov2017_4

ビジネスクラスのすぐ後ろに、9列と10列の2列分だけ一つのエリア・区画になっています。

9列はバルクヘッド席で足下が広いのですが、10列もシートピッチは36インチ(約91cm)と広いのです。エコノミークラスの一般的な座席のシートピッチは32インチ(約81cm)ですので。

mh783_nov2017_5

 

おおっ、夕日だ。

mh783_nov2017_6

 

きれいですなあ。

mh783_nov2017_7

 

機内食はフィッシュを選択。

mh783_nov2017_8

 

揚げ白身魚のガパオライスでした。ピリ辛の醤油風味でなかなか美味かったです。

mh783_nov2017_9

もう一つはチキンで、焼きそばみたいでした。

機内エンタメ用のモニターも付いていて、日本映画3本と日本のTV番組2本あり。

一部の洋画は日本語ありですが、どの映画がどの言語で視聴出来るのかは、何度もページ移動しないと分からないという操作性の悪さ。面倒臭くなります。往路は10月、復路は11月でしたが、プログラム内容は同じだったと思います。

約2時間でクアラルンプール国際空港(KLIA)に到着。あっという間です。今回の旅では無駄に3回もKLIAに来ています。入国したのは1回だけですけど。

KLIAで3時間半ほど待って、成田行きのMH88便に乗り継ぎます。

その他のマレーシア航空の搭乗記を見る

海外航空券なら安心のHIS系 サプライス

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: タイ, マレーシア タグ: , , パーマリンク

マレーシア航空MH783 バンコク・KL線 エアバスA330-300 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マレーシア航空MH88 クアラルンプール・東京成田線 搭乗記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。