福成水餃大王で水餃子 クアラルンプールの中華料理店

メルキュールKL ショーパレードにチェックインして買ってきたスイーツを食べながら、部屋でうだうだしていると体の調子が悪くなって来ました。

さっき雨でかなり濡れたまま、エアコンの効いた場所にいたせいでしょうか。

しばらく寝た後、夕食は近場で済ますことにしました。

日本人のブログでもわりと採り上げられている有名店で、評判も良さそうな福成水餃大王(RESTORAN KAR LONG)という中華料理店です。

restoran_kar_long_1

店名の通り、水餃子が売り。東北菜とも書かれているので、中国東北部の料理を出すレストランですね。

奥の部屋はエアコンが効いているみたいですが、私は風邪を引いたのか、体調が良くないので、手前にあるオープンエアスペースのテーブルに。

restoran_kar_long_2

 

水餃子のメニューです。注文は10個単位なので、一人だと色々食べられないのが残念。

restoran_kar_long_3

芹菜猪肉水餃か酸菜猪肉水餃か迷うなあ。

お持ち帰り用に冷凍の餃子も販売しているようです。

restoran_kar_long_4

restoran_kar_long_5

 

食器類はパックされて衛生面でも安心ですけど、ちょっと味気ないような・・・

restoran_kar_long_6

最近、このパックされた食器を出すレストランを時々見ますね。バクテーで有名な新峰肉骨茶もそうだったと思います。

何となく分かったような分からないような料理名で注文した「尖椒干豆腐」。

restoran_kar_long_7

 

尖椒とは青唐辛子でした。「椒」とあったので、四川料理でよく使われるスパイス「花椒」で味付けされた料理かと思っていました。

restoran_kar_long_12

他に具は干豆腐と豚肉なのですが、干豆腐は平たい麺の様な形状で、予想していたものとはかなり違いました。

今まで中華料理店で何度か食べたことがある「干豆腐と芹菜(中国セロリ)の炒め物」の干し豆腐は、燻製ハムの様な感じで、これが出てくるものと思っていました。

kiaw_riaw_ning_6

でも素朴な味で悪くなかったです。青唐辛子もそんなに辛くなかったですし。

家庭の味という感じで、ご飯のおかずにも良さそう。見た目では米に麺で炭水化物+炭水化物かよと思いますが、麺ではなく豆腐ですからね。

ネットで検索すると、尖椒干豆腐って東北地方ではかなりポピュラーな料理みたいです。

水餃子は酸菜猪肉水餃を注文。

restoran_kar_long_8

restoran_kar_long_9

 

皮もそれほど厚くなく、わりと小ぶりでパクパク食べられます。これなら20個くらい余裕だったかも。

restoran_kar_long_10

酸菜がもうちょっと多めで、酸味を主張してくれた方が好きかな。

揚州炒飯はあっさり薄味で普通に美味しかったです。

restoran_kar_long_11

すごく印象に残るわけではないのですが、どの料理もおいしかったです。

普段使いで食べるのに良さそうな、近所に1軒あったらうれしい食堂というイメージです。

お勘定は、

冲茶 RM3

尖椒干豆腐 RM20

酸菜猪肉水餃 RM9

楊州炒飯 RM11

これにサービス料5%とGST(消費税)6%が加算され、合計RM47.85(約1,280円)とお財布にもやさしい。

中華料理の味だけで言えば、香港やシンガポールの方が美味いと思いますが、マレーシアは価格が1/3くらい?コストパフォーマンスでは一番ではないかと思います。

福成水餃大王の場所は、ベルジャヤタイムズスクエアの裏手、フラマ ブキッビンタンの前。モノレールのインビ駅から徒歩5~6分。

モノレール・インビ駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク