イポー旧市街 コロニアル建築の歴史的建造物

 

イポーはキンタ川を境に、西側が旧市街、東側が新市街と

言われます。

 

新市街にも古いショップハウスや歴史的な建築物があり、

正直、旧市街との違いがあまり分からないのですが・・・

 

ホテルからジャラン・スルタン・イドリス・シャー通りを

歩いて行き、このキンタ川を越えると旧市街。

ipoh_old_town_1

 

まずはジャラン・スルタン・ユースフとの交差点に歴史を

感じさせる建物が出現。

ipoh_old_town_2

 

検索すると確かに同じ建物なのですが、クリーム色ではなく

青い画像が多いんですよ。最近塗り直したのでしょう。

 

FMSバー&レストラン、FMSはFederated Malay States=

マレー連合州の略。海南系移民が1906年に開業した

現存するマレーシア最古のレストランと言われています。

 

その時に知っていれば行ったのに・・・

 

海南系華人ってイギリス人の料理人として働いていた人が

多いんですよね。

 

東華酒吧、一九零六と書いてあります。但し、この建物には

1923年に移転してきたそうです。

ipoh_old_town_3

 

ipoh_old_town_4

 

前は広い公園になっていまして、サッカーをしていました。

ipoh_old_town_5

 

公園脇の通りにマスジット・インディア・ムスリム・イポー、

インド系ムスリムのモスクです。

ipoh_old_town_6

 

ipoh_old_town_7

 

あっ、向こうにまたコロニアルな建物が見えますので、

行ってみましょう。HSBCと書いてあるので、香港上海銀行の

支店ですね。

ipoh_old_town_8

 

またジャラン・スルタン・ユスフに戻って南の方へ。

 

こうした歴史的建築物のいくつかには説明書きが。

ヘリテージトレイル(遺産散策路)とも書かれています。

ipoh_old_town_9

 

ヘリテージトレイルの存在やルート・対象の建物なども

後で知りまして・・・残念。予習が大事ですね。

 

HSBCビルは1931年完工、ネオルネッサンススタイルというそう。

ipoh_old_town_10

 

HSBCの隣、S.P.H De Silvaビル。

SPH De Silvaは銀細工とトロフィー・楯・メダルの製作業者。

ipoh_old_town_11

 

ipoh_old_town_12

 

通りをはさんで更に隣のArlene House或はChung Thye Phin

(鄭大平) Buildingとも、1907年完工。

ipoh_old_town_13

 

上の2つのビルの間のJalan Dato Maharajalela通りを入って

行きます。

 

オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)が入る

ストレーツ・トレーディング・ビルディング、1907年完工。

改修されているので、そんなに古いとは思えません。

ipoh_old_town_14

 

スタンダードチャータード銀行、このあたりはイポーの

金融街みたいですね。ペナン・ジョージタウンでいうと

ビーチストリート(パンタイ通り)でしょうか。

ipoh_old_town_15

 

1931年完工の旧マーカンタイルバンク(インド)のビル。

ipoh_old_town_16

 

現在はELKENというダイレクトマーケティング=マルチ商法、

ネットワークビジネスの会社が入っています。

ipoh_old_town_17

 

政府系電力会社のテナガナショナルが入る、ペラ・ハイドロ・

ビルディング。

ipoh_old_town_18

 

なんか白亜の宮殿みたいなのが出て来ましたよ。

ipoh_old_town_19

 

正面に回り込んで・・・

ipoh_old_town_20

 

Dewan Bandaran Ipohと書いてあります、1914年完工。

イポーの市議会?市庁舎?

ipoh_old_town_21

 

この建物の前にイポー駅があるのですが、それは最後に

残しておいて。

 

バーチメモリアルクロックタワーという時計塔、1909年完工。

ipoh_old_town_22

 

パーチはペラ州の初代ブリティッシュ・レジデント、いわば

在ペラ州・イギリス公使みたいな存在。1875年に暗殺された

そうです。

 

マスジット・スルタン・イドリス・シャーIIというモスク。

ipoh_old_town_23

 

次は駅前の通りを北へ歩いて行きます。

 

Mahkamah Tinggi Ipoh、イポー高等裁判所です。

ipoh_old_town_24

 

1928年に完工した建物。

ipoh_old_town_25

 

ロイヤル・イポー・クラブ、1895年設立のヨーロッパ人の

社交クラブ。第二次世界大戦中は日本軍に接収され、洗濯場と

して使用されていたようです。

ipoh_old_town_26

 

セント・ジョン・ザ・ディヴァイン教会、日本占領中は

麺工場に使われていたこともありました。

ipoh_old_town_27

 

ipoh_old_town_28

 

ここで来た道を戻ります。

 

サン・ミシェル、英語風の発音ではセント・マイケルズと

いうカトリック系(ラ・サール会)の私立学校。最初の方で

出て来たマスジット・インディア・ムスリムの隣になります。

ipoh_old_town_29

 

しかしすごい立派な校舎とグラウンドですな。

ipoh_old_town_30

 

第二次世界大戦中の日本占領時代は、日本のペラ州政庁が

置かれていました。

 

旧市街のコロニアル風の建物を中心に回ったのですが、

イポー・ヘリテージトレイルを見ると、新市街を含めて

見逃した歴史的建造物がたくさんあるので、またいつか

イポーに来ようと思います。

 

結構歩いて疲れてきたのですが、イポー観光の〆として

イポー駅に向かいましょう。

 

イポーオールドタウン(旧市街)周辺の地図とホテル

イポーの地図とホテル

 

カテゴリー: マレーシア タグ: , , パーマリンク